インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Dostana

f:id:komeindiafilm:20160229221445j:plain

 2008年作品 公式サイト

出演:アビシェーク・バッチャン(サム)

   ジョン・エイブラハム(クナール)

   プリヤンカー・チョプラ(ネーハ)

   ボビー・デーオール(ネーハの新上司)

   ボーマン・イラーニー(ネーハの旧上司M)

   キロン・ケール(サムの母親)

 

カラン・ジョハール制作のラブ(?)コメディー。DOSTANAの意味は「友情」

カランの父制作の『Dostana』(1980)のリメイクではありますが、中身はガラリと変化してるようです。

ちなみに『Sholay』『Hum』『Kuch Kuch Hota Hai』『家族の四季』がちらっと出てきます。

 

あらすじ

マイアミ。女の子が大好きな看護師サム(アビシェーク・バッチャン)と写真家クナール(ジョン・エイブラハム)はそれぞれの事情から、新しく住む家を探していた。偶然にも2人は同じ家を気に入ったが、そこは家主が女性の為に女性のルームメイトを探していて男子は入居不可であった。どうしてもその家が気に入った2人は思いつきでゲイのふりをして入居の許可を勝ち取るが…。

 

いろいろ

アビシェークかわいいよアビシェーク

 

 シルパー・シェッティーがアイテム・ガール(ゲスト)として踊る「Shut Up & Bounce」から映画はスタート。マイアミなだけあってムッキムキなジョンは脱ぎまくってます。パンツも小さ目!大サービス!自分は興味ないけど…ww水着は普段着レベルですと言わんばかりの露出度~

f:id:komeindiafilm:20160229221453j:plain

↑これでジョンがベジタリアンとか言われても信じられない

アビシェーク君の方は、ジョンに比べれば着てますが、短パン・ノースリーブも多いので露出多めかな?

 

女の子大好きなのに、気に入った家に住みたいがために家主にゲイと嘘をつく二人。

出会ったいきさつを聞かれ、ヴェニスで会ったと答えるんですが、

その再現シーンが面白い!

アビシェーク君がクネクネしてます…そうか…アビシェーク君が受けなのか…(※わたしは腐女子ではありません)

このはっちゃけっぷり…かわいいですわ…

この為にヴェニスロケをしたそうです。

f:id:komeindiafilm:20160229221459j:plain

↑ヴェニスのシーンではないですがかわいい。

 

ここから続く2人のゲイごっこと、てんてこまいぶりがかなりツボでした。

『たとえ明日が来なくても』のシャールク&サイーフのゲイネタが大好きなワタクシ(※腐女子ではあ(ry)

ゲラゲラ笑っておりました。

インドはゲイに厳しいお国ですので、ネタとしては現在でも新しいものなんですが

今回は問題提起としてではなく、ギャグとストーリーのエッセンスとして用いられています。

『DON』シリーズにも出演の、ボーマン・イーラーニは本物のゲイ・M役(ネーハの上司)で出てきます。最初は家主のネーハ達にだけゲイのふりをするつもりが、M・移民局の役人・サムの母親と色々な人に対応しないといけなくなり、色々追い詰められてました(←は前半で解放されますが)。

 

サムの母親役キロン・ケールもいつにもなくぶっ飛んでました

『Om Shanti Om』の母親役も色々やらかしてましたが、こちらでも負けず劣らず。

サムの移民手続き書類(ゲイの記載有)が実家に届いたことで、ショックのあまりマイアミまで訪ねてくるんですが

そこでさらにショックを受け、黒魔術にまで手を出してしまう始末。(挿入曲「Maa Da Laadla」)

f:id:komeindiafilm:20160229221506j:plain

この母ちゃんやべぇよ~~~~

名台詞「ナヒーーーン!!!(意味:いやあぁぁぁ~~~!!)」も聞けますwww

数日後にはまた実家に戻っていくんですが、最後まで面白い母ちゃんでした…。

 

 

まだプリヤンカーに触れていませんでした。

サムとクナールが好きになる美女ネーハ役。

彼女は今回、女性キャラとしてはヒロインですが、ポジションとしてはサブヒロインに近い感じ。映画のセクシーショットも先にジョンに取られてるし…

でも出演は長いのでファンの方でも十分楽しめます。仕事に頑張り、はつらつとしていて好感が持てるキャラクターです。

f:id:komeindiafilm:20160229221513j:plain

↑プリヤンカーも露出度高めだよ~

 

 

前半はゲイネタで引っ張ったあとは、後半からネーハの新上司(ボビー・デーオール)がライバルとして出現したことでサムとクナールが2人の仲を裂こうと奮闘します。そこはちょっと卑劣だったりしてその後のネーハとの友情に暗雲が立ち込めるわけですが…。

 

全編マイアミが舞台だということで、サリーよりビキニが多いしインド度はかなり低め。

でもそれを差し引いても余りある面白さです。

ギャグ寄りとして使われるゲイネタは軽いやつでもダメ!な人以外は楽しめると思います。

f:id:komeindiafilm:20160229221519j:plain

↑これは母ちゃんの妄想。

 

リンク

今回も楽しいのが揃ってます~ 「Shut Up & Bounce」ジョンの雄っぱい。

「Maa Da Laadla」母ちゃんェ…

「Desi Girl」

 

おまけ

 続編「DOSTANA2」が2013年公開予定。 プリヤンカーが抜けてカトリーナ・カイフが参加だそうです。 楽しみ。果たして次回もゲイのふりはするんでしょうか…(笑)