インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Paheli

f:id:komeindiafilm:20160302220925j:plain

 2005年作品

出演:シャー・ルク・カーン(キシャンor精霊)

   ラーニー・ムカルジー(ラッチー)

   アミターブ・バッチャン

   ジューヒー・チャーウラー etc

 

インドの民話をベースにしたファンタジー作品です。

ラージャスターンの香り漂う、インド好きにはたまらん作品。

 

あらすじ

舞台は砂漠とカラフルな地、ラージャスターン。

そこで暮らす主人公の女の子ラッチー(ラニー・ムカルジー)は、お金持ちの商人の息子、キシャン(シャー・ルク・カーン)と結婚することになる。

しかし、当のキシャンは、この大事な結婚の時でさえ商売のことで頭がいっぱいで、ラッチーのことは相手にもしない。しかも、結婚式の翌日から仕事と言ってラッチーをおいて5年も遠くへ旅立ってしまう。

一方、ラッチーがキシャンの家までの旅の途中に立ち寄った井戸には、精霊が住んでいた。ラッチーに一目ぼれしてしまった精霊は、キシャンが旅立ってしまうことを知り、変身して本物のキシャンになり変わりラッチーがいる家にやって来るのであった。

夫が帰ってきたことで喜ぶラッチー。精霊は正直に自分が偽者であることを話す。

傷心のラッチーはこの自分を愛してくれる精霊を自分の夫として受け入れる。 果たして、精霊とラッチーの愛の結末は…?本物のキシャンの運命は…?

 

いろいろ

かわいいものだらけです。

ラージャスターンの魅力がふんだんに詰まっています。初めから終わりまでラージャスターン。

すんごく行ってみたくなります。

 

シャールクはこの映画で初のヒゲ役。しかもガチガチのターバンまで!

でもとても似合っていました。

この地方のターバンも存在感あってなかなかいいですね~!

ラーニー達が着ているサリーも、期待を裏切らず華やかです。目の保養…

f:id:komeindiafilm:20160302220935j:plain

 

 アミターブ・バッチャンは最後の最後にチョイと出てくるんですが

存在感バリバリですw

いや~すごいわ、あの人。

f:id:komeindiafilm:20160302220941j:plain

↑アミ爺もゴリゴリにターバン

 

音楽は癒し系が多めです。やっぱラージャスターンの要素を引き継いでるのかな?

役者の他にラージャスターンのプロダンサーの見せ場もあります。

 

 

ラージャスターンと、ふんわりとしたストーリーと、ターバン男満載なのでお気に入り映画です。

インド文化好きな人、シャールク好きな人、ラーニー好きな人はオススメ。

 

リンク

振り付けはファラー・カーン