インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Cocktail

f:id:komeindiafilm:20160302230849j:plain

 2012年作品

出演:サイーフ・アリ・カーン(ゴウタム)

   ディーピカー・パドゥコーン(ヴェロニカ)

   ダーヤナー・ペーンティ(ミーラ)

   ボーマン・イラニ(ゴウタムの叔父)

字幕:英語

 

サイーフお得意のチャラ男役で、オシャレ系映画がやって来ました!

ポスターそのまま部屋に飾りたい

 

あらすじ

インドから結婚相手を訪ねてイギリスにやってきたミーラ(ダーヤナー・ペーンティ)は、冷たくあしらわれ実は騙されていたことを知る。

飲食店のトイレで泣いていたところに、インド系イギリス人のヴェロニカ(ディーピカー・パドゥコーン)と出会い、彼女の家に身を寄せることになる。

一方、ゴウタム(サイーフ・アリ・カーン)は綺麗な女性をナンパしまくるチャラい男。以前空港でミーラをナンパしたことがあり、偶然ゴウタムを見かけたミーラとヴェロニカは彼にちょっとした仕返しをする。クラブでヴェロニカとゴウタムは意気投合し、そのままヴェロニカの家に転がり込んでくる。

 

いろいろ

インド映画的部分も多くあるけど、オシャレすぎてインド映画と言われないとわかんないかもww

 

f:id:komeindiafilm:20160302230859p:plain

 清楚系ミーラ&チャラ系ゴウタム&ゴージャス系ヴェロニカ

の三角関係。

 

三角関係モノが苦手でなければ観れます。

 

サイーフ、ファンじゃない人から「なんでこのオッサンがモテるねん」とツッコミが入りそうだけど 軽い男をやらせたら右に出る者が居ませんwwヨッ!チャラ男の名士!

女性とみたら声を掛けずにはいられない、そんな男を演じております。

 

一方女性陣

ヴェロニカ役のディーピカー、サイーフとは『Love Aaj Kal』で共演済。相性もいいと思います。

今回、イギリスに染まりまくったゴージャスな女性役。さながらクラブの女王です(顔パスしてるし)。

ミーラ役のダーヤナーはモデルから今回女優デビューだそうです。これまた美人さん。

清楚系なのでヴェロニカとは正反対。序盤はインド服着てるし3人の中では一番インドっぽいです。

 

前半は↓こんなことやってたりとテンポ良し。(なんちゅー恰好を…。)

f:id:komeindiafilm:20160302230907p:plain

 後半ちょーーーっとジメジメしてます。シリアス部分が長いというか。

ちょっとダレちゃいました。集中力も切れる頃でしたし。

 

音楽は、映画にとても溶け込んでいました。

突然始まることによる違和感とか全然ナシ。

南インドテイスト主流のガッツリ踊るという場面は極少なく、音楽にストーリーを乗せる形式がメインでした。

 

インド度は全体的に低め。でも皆無ではありません。5%くらい?(笑)

全年齢、というよりは、20・30代の人が好みそうな映画でした。

 

因みに製作:Illuminati Filmsはサイーフの持つ映画プロデュース会社です。

シャールクでいうとRed Chillies Entertainmentですね。

 

リンク

エンディング(とNGシーンかな?)