インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Andaz Apna Apna

f:id:komeindiafilm:20160314220658j:plain

1994年公開

出演:アーミル・カーン

   サルマーン・カーン

   カリシュマー・カプール

   ラヴィーナ・タンダン

   パレーシュ・ラーワル

   シャクティ・カプール

   ジューヒー・チャーウラー(特別出演)

   ゴーヴィンダ(特別出演)

 

今じゃ2人とも大物すぎて実現しないんじゃなかろうか、アーミル&サルマーンの和気藹々共演作。

ちなみにこの頃2人はまだギリ20代。

監督は『Ajab Prem Ki Ghazab Kahani』(2009)のラージクマール・サントーシー。コメディーです。

 

あらすじ

床屋の息子アマル(アーミル・カーン)と仕立て屋の息子プレーム(サルマーン・カーン)はどちらも父親に迷惑かけちゃうようなドラ息子。

ある日、インドでちょっとしたニュースが。大富豪の娘ラヴィーナ(ラヴィーナ・タンダン)が将来のお婿さんを探しにイギリスからやってきたというのだ。アマルとプレームは働かずして金持ちになれるチャンスと聞きつけ、早速彼女のもとへ。2人はバスで出会うが、そこは同じ女性を狙うライバル、ケンカしたり足を引っ張ったり。

なんとか2人とも彼女の家に潜り込むことに成功するが、なかなか一筋縄では行かなくて…。

 

いろいろ

現在、アーミルが少しでも好きになれるよう荒療治中。アーミルは嫌い、ではないけどちょっとビビってしまうというか、苦手というかw

『きっと、うまくいく』も、『ラガーン』も、良い映画なのは百も承知なんだけど、あんまりハマんなかったのよねぇ…。

原因を考えてみると、今の「ミスター・パーフェクト」なアーミルがアカンのちゃうか、という考えに。

何と言うか、「気合い入れて映画作りました!」な感じが、こっちも気合い入れまくってみなきゃいけない風に思わせる(勿論どんな映画も気合い十分に制作されてるとは思うけどねw)。役はともかく、その後ろで「完璧な俳優アーミル」がチラつくのがなんとなく構えてしまうのかなぁと。

 

…んなわけで、その「ミスター・パーフェクト」と呼ばれる以前のならどうなのよ?まだとっつきやすくて楽しめるんじゃね?と、アーミル・カーンの古い映画(だいたいデビューから1990年代中盤まで、いつからパーフェクトなポジションなのかは不明だけどその手前まで)を観て検証してみるわけであります。

 

以上長い前置きでした。

 

 

結論から言いますと、くっそアホコメディーでした。

同じラージクマール・サントーシー監督『Ajab Prem Ki Ghazab Kahani』と見事にテイストが同じw(順番逆だけど)

特に終盤は「お前ら何がしたいねん」とツッコミながら観ずにはいられないおバカさ・アホさ。恐らくツボにハマる人には超楽しいでしょうし、逆に白けちゃう人も出てくると思います。多分両極端、映画の制作は博打と聞きますが、観る方も相当な博打。

 

 

見どころが色々あって楽しかったです。

 

やっぱり今じゃ無理そうなトップ俳優の共演。

特別出演だと実現しそうではあるけど、こんだけしっかり共演はもう、無理かも?

どちらか一方だけブレイクして、片方は今いずこ?ていうパターンでなく、両方ともトップ俳優だからこその貴重な昔の共演かと。

あ、この映画以外でも、シャールクとサルマーンの『Karan Arjun』だったりとか。

 

気合い入りすぎなコスプレ 

f:id:komeindiafilm:20160314220710j:plain

私が鈍いだけか?暫くこの2人がアーミルとサルマーンな事に気付かず。サルマーンどこから声出してんの?なキンキン声だしw

↓あとアーミル単独コスプレ(中央)

f:id:komeindiafilm:20160314220718j:plain

これはさっきのもあったしすぐわかったw

 

かなり色んな表情のアーミル

f:id:komeindiafilm:20160314220725j:plain

恐らくこれも今じゃ見られないようなかわいい泣き顔のアーミル。このアーミルなら萌えられそう。

そしてなんだそのかわいいパジャマは。

↑以外にも、○○に言い寄られて「ウヒョ!」な顔とか、驚いた顔とか。

 

最近の映画じゃ少なくなってきた?ストーリーと関係ないツッコミ所↓

f:id:komeindiafilm:20160314220731j:plain

バスで移動中なのに、歌のためならバスに乗らない(なんの為のバスだよ)

 

シャクティ・カプールとサルマーンのアクションがなぜかパントマイム↓

f:id:komeindiafilm:20160314220742j:plain

これはウケ狙いだと思うので、つっこんだら負け。つっこみましたけど

シャクティ・カプール、何だかマント付けた‘クライム・マスター・ゴーゴー’っていう役だったんですけど、この映画でキャラ人気が出た、らしい?私には意味不明過ぎた…w

 

オマケでジュヒーとゴーヴィンダが出演。

初っ端からなのですが飛ばし過ぎですw

f:id:komeindiafilm:20160314220750j:plain

うわ~お♡♡♡

 

 

どちらかというとサルマーンよりアーミルメインでした。アーミル側のストーリーの方が先に展開する感じ。

ヒロイン陣、カリシュマーはちょっと役の所為もあり影薄め。私初カリシュマーだったからもうちょっと出て欲しかったなぁw 今更初カリシュマー。妹カリーナはガンガン観てるけどw

カリシュマーよりラヴィーナーが多めに出てたかな。ちなみにヒロイン2人とも芸名&役名一緒です。その辺テキトー?w

あらすじ的に「○○カーンのラブゲット大作戦!」なのかと思いきや、思ったより恋愛要素は薄かったかな~

 

これから観るなら:

台詞かなり多めで脳内翻訳放棄してしまった部分も多々ありつつ、それなりに楽しめました。日本人には好みが分かれるかもしれませんが、気軽に観れる内容ですし観て損はないと思います。あとは、古い映画(20年前か…)が平気か、コテコテなコメディーが平気か、で判断してください。

 

リンク

 

アーミルの泣き顔を拝みたいならコチラ

「Ye Raat Aur Ye Doori」 ヒロイン達が寝る前のハズなのにフルメイク。

 

前半の茶畑、『Chennai Express』「Kashmir Main Tu Kanyakumari」とロケ地がとっても似てると思うんですが、いかがでしょう?

同じ場所?こういう場所いっぱいあって似てるだけかな~?

 

バス旅。ぼ~んぼん♪ぼんぼん♪

「Do Mastane Chale」