インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Bajrangi Bhaijaan ばじらんぎ ばいじゃーん

f:id:komeindiafilm:20160221154952j:plain

2015年公開

出演:サルマーン・カーン(’バジランギー’、パワン)

   カリーナー・カプール(ラシカー)

   ナワーズッディーン・シッディーキー(報道レポーター チャーンド・ナワーブ)

   ハルシャーリー・マルホトラ(シャヒーダー)

時間:159分

言語:ヒンディー語+英語字幕

媒体:DVD

 

久々に感想です。 主演は言わずと知れたパワー・ヒットメーカー、’インドの国民的アニキ’サルマーン・カーン。監督は日本で公開もあった『タイガー・伝説のスパイ』のカビール・カーン。

 

【あらすじ】

デリーにすむ’バジランギー’ことパワンは、嘘はつかない、どんなに細かくても借りたお金は返す、という曲がったことが「できない」、超がつくほどまっすぐな青年。崇拝するはヒンドゥー教の猿の神様ハマヌーン。野良猿に出会っても手を合わせるほどの篤い信仰心も持っていた。しかし勉強は大の苦手で、かといってスポーツができるわけでもなく、父親の知り合いの家で’半人前’として暮らしていた。 ある日お祭りでクルクシェートラに来ていたパワンは、一人迷子になっている6歳の女の子に出会う。その子は何を話しかけても答えない、口がきけない子どもだった。なぜか懐かれてしまったパワンは、親が見つかるまで女の子を預かることにする。手掛かりがないながらも、奮闘するパワン。そんなある日、女の子は実はパキスタン人ということがわかり…。

--------------------------

【いろいろ】

ここ最近「公開すれば必ず大ヒット」なサルマン兄さんの、人情味あふれるドラマです。

2014年のメイン2本は今の所パスしちゃってますが、こちら『Bajrangi Bhaijaan』はかなり良かったです。

 

予告編でわかりますが、実は女の子はパキスタン人。

パキスタンはインドのすぐ隣の国ですが、インド人の心理的にはアメリカやヨーロッパなど他遠くの国より全然「行きづらい」場所。 パワンも、シャヒーダーがパキスタン人と知るや、頭を抱えてしまいます。何度かさじを投げかけます。が、一度は決めた事、パスポートやビザがなくてもシャヒーダーを親の元に必ず送り届けると決意します。 

f:id:komeindiafilm:20160221155000j:plain

↑決意の顔!

シャヒーダーは(喋れないしナーガリー文字が書けないので)名前が全く分からず、「ムンニ」とよばれてました。とってもかわいらしい女の子です。

 

パワンはかなり信仰心が篤い人でした。 篤いというか、頑な?

シャヒーダーがプラ~っと行ってしまったモスクの中に入るのに一苦労(心の葛藤で)。逐一神様に謝りながら行動してます。 インドだと違う宗教の人とは個人的にまず触れ合わないって聞いたことがあるけど、そんな感じなのかなぁ。家の隣に住むイスラーム教徒家庭ともほぼ交流ないみたいでした。

他のインド映画でも、主人公がムスリムが住むエリアに用があって行ったらヨソ者感バリバリ!なシーンありますよね~。さすがに一般人でモスクまで行くシーンはめったに見ないですけど。(Raanjhanaaとか例外?)

まぁそんなヒンドゥー教一筋のバジランギー兄さんが、イスラーム世界ばりばりのパキスタンに足を踏み入れるわけです。果たさなきゃならない目的があるのでやることは決まってますが、きっとバジランギー兄さんの心の中は(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)っすよ。兄さん、涼しい顔してましたけど、私にはバレてますよ。

 

こんな兄さん、パキスタンの人と触れあううちに思わずアレが…ってところがいいですね♪

 

信仰心以外も頑なです。

まっすぐです。

いや、そこは柔軟にいこうよって所も曲げません。

でもそこがパワンが人の心を動かしていく理由ですかね。 

f:id:komeindiafilm:20160221155007j:plain

↑パワンに心を動かされた一人、TVレポーターのおじさんがパキスタンでの道中を手助けします。 

f:id:komeindiafilm:20160221155015j:plain

↑レスリング(だったっけ?)はてんでダメなのに、何故か腕っぷしは恐ろしく強いバジランギー兄さん。ヒュー!!

 

この映画のいいところは、もちろんストーリーだけでなく。

コメディーシーンがリズムよく挟まれてる所だと思います。

時にシャヒーダーのしぐさが、時にパワンの生真面目さが、時にTVレポーターの掛け合いがクスっとさせてくれます。 そのおかげで、映画が重くなりすぎず、悲しくなりすぎず、かといって薄っぺらでなく、観ていてとても気持ちがいいです。 『タイガー 伝説のスパイ』の時も、緩急の付け方が気持ちよかったなあ。   

f:id:komeindiafilm:20160221155025j:plain

f:id:komeindiafilm:20160221155029j:plain

f:id:komeindiafilm:20160221155034j:plain

↑お気に入りのシーン。

きっとシャヒーダーはしばらくお猿さんに会う度このしぐさをするんだ。んで一緒にいる人に「?」って顔されると思うんだw

 

インド映画に興味ある人ならどんな人にもオススメできる、「観てよかった!」って心から思える映画です。

まだの方、ぜひ見てくださいね~(@^^)/~~~

Jai Shri Ram! ------------------------

【リンク】

予告編

にわとりの歌「Chicken KUK-DOO-KOO」

しっとり「Tu Jo Mila」

スーフィーソングもあるよ「Bhar Do Jholi Meri」

Aaj Ki Partyは映画に入ってなかったです。カットかな?プロモーション用だったのかな?

 

おまけ 『Prem Ratan Dhan Payo』も早く観たいっす。