インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Bareilly Ki Barfi

f:id:komeindiafilm:20171017231237j:plain

2017年公開

出演:アーユシュマーン・クラーナー

   クリティ・サノーン

   ラージクマール・ラオ

監督:アシュヴィニー・アイヤル・ティワーリー

時間:121分

言語:ヒンディー語+英語字幕

媒体:スクリーン @イオンシネマ市川妙典

 

あらすじ

ウッタル・プラデーシュ州バレイリーで暮らす女の子ビッティ(クリティ・サノーン)は、自由奔放な女性。ビッティの行動に家族は容認していたけど、大都市ほど先進的ではない街では、周囲からよく見てもらえず。ビッティは自分を理解してくれる男性を求めているけど、せっかくのお見合いでは男性に断られてしまう。

落ち込むビッティはあてもなく家出をすることに。しかしその道中で見つけた本「Bareilly Ki Barfi」の主人公が自分とまったく一緒で、ビッティは家出を止めてその本の著者"プリータム"を探すことに決める。

ビッティは本が印刷された場所を訪ねると、そこではチラーグ(アーユシュマーン・クラーナー)という男が働いていた。実は彼こそが「Bareilly Ki Barfi」の本当の著者で、著者"プリータム"は彼の友人(ラージクマール・ラオ)であった。

ビッティを一目見て気に入ったチラーグは、"プリータム"に会わせることを口実に彼女と交流をはじめるが…。

 

いろいろ

DVDで観るパターンかな…と思ってたけど、何故かSpaceboxさんが上映してくれてスクリーンで観れるハッピーなことになりました。てなわけで8月に観たやつです。

f:id:komeindiafilm:20171017234820j:plain

クリティ(ビッティ)のファッション、飾らない自然体だけどしっかりインドで可愛かったな~

 

楽しかったです。

ラブコメディーの定番パターン、嘘・勘違いにすれ違い・クライマックスには結婚式!いいですね、この辺しっかり押さえてあります!登場人物がみんなコミカルで笑えるし、小難しく考えなくていい!

 

それに加えて、ラージクマール・ラオ演じるプリータムの変身っぷり。

チラーグに振り回されてる気弱な友人プリータムは、強引に小説の著者にさせられちゃったり、チラーグにとって都合のいい"強気すぎる男"になるなるため訓練させられちゃったり。

f:id:komeindiafilm:20171017233103j:plain

↑こんな虫も殺さなさそうな七三クンから…

f:id:komeindiafilm:20171017233039j:plain

↑ウェイウェイ系男子に。

 

こんなプリータムが、いい加減キレた!俺は本気だしてお前より先にビッティのハートを掴むぞ!…とばかりにチラーグに反旗を翻したら、気弱なプリータムはどこへやら?肉食系男子に変身。チラーグが色々と策を練っていた3人の関係が思わぬ方向に…。

(「ハートを掴む」が古臭いけどelzaの語彙力のなさのせいであり実際は別の言い方してますw)

f:id:komeindiafilm:20171017234013j:plain

↑キレる元七三クン。

ラージクマール・ラオよりアーユシュマーン派の私としてはオイシイところをラージクマール・ラオが持ってった感があって悔しい!なんだけど、でもやっぱり彼がこの映画の一番の見どころかも。

f:id:komeindiafilm:20171017233451j:plain

↑ビッティが肉食系プリータムに取られそうで内心全然面白くないチラーグ氏(左)。

 

そもそもなんでチラーグがプリータムを本の影武者にしたかっていうと(ネタバレではない)、

この本「Bareilly Ki Barfi」の中に出てくる女性はチラーグが以前付き合っていた女性がモデルで、チラーグと彼女は彼女のお見合い結婚を機にお別れ。ちなみにチラーグは相当傷心してました。

チラーグが書いたとして本が世に知れ渡ると、奔放なヒロイン=別れた彼女が世間の目にさらされてしまうため(この街じゃ後ろ指さされやすい。ビッティもまた然り)、カノジョが居なくて都合のいい友人のプリータムを影武者にしたのだそう。(字幕が読み切れなくて上映後に又聞きで疑問解決したw)

 

 

テキスタイルも可愛いんだよね!

f:id:komeindiafilm:20171017232453j:plain

エンディングかオープニングか、両方か忘れちゃったけど、好きなタイプの図柄でじーーっと眺めちゃいました。

 

監督は「ニュー・クラスメイト」の監督だそうです。2つの映画どちらも変なクセがなくて観やすいところが私が感じた共通点かな。

f:id:komeindiafilm:20171018000343j:plain

面白かったです。輸入版DVD出たらしいので是非に~。Blu-rayが出たら手に入れたいけど…出るかな?

 

リンク

楽しい曲あります

「Sweety Tera Drama」

 

キャラ変更の特訓「Badass Babuaa」

 

しっとり系も「Bairaagi」