インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

【Say No To Piracy】インド映画海賊版DVDにご注意ください。

Mary Komのプリヤンカーも言ってます。

Queenのカンガナーも。

 

Say No To Piracyとは、「海賊版映画に手を出さないで!」ってことです。

 

ここ数年で次々インド映画が公開されるようになって、新しいファンの方も増えてるみたいです。中には日本で一般公開されている日本語字幕付きだけじゃなくて、未上陸の英語字幕モノ(輸入盤)にも手を広げる方もちらほら増えてるようで、仲間が増えて嬉しいです(V)o¥o(V)

 

ネットや都会にある実店舗、はたまたインド系イベントで買って観る…とか、仲良くなったインド料理やさんから要らないDVDを貰ってきた…なんてのもあるかもしれません。

ファンになった俳優さんや女優さん、新鮮なインド映画の世界に足を踏み入れ、情報もあまりない中、色々調べてやっと手に入れた映画だったりしたら、とってもテンションあがりますよね。私が初めて輸入盤DVDを手に入れた時はそうでした。

 

でもその時、気を付けて欲しいんです。

そのDVD、正規版ですか?海賊版ではないですか?

 

 

日本のDVDは普通のお店で買えば、まず正規版か海賊版かなんて意識することもないと思います。というか基本的に正規版ですから。(最近はネットの普及で、買わなくてもタダで違法アップロードされたドラマやアニメも見れるようになってしまいました。) でもインドはもっと深刻。日本と違って、都会でも結構堂々と海賊版DVDが売られています(ムンバイに行った時も見かけました)。 日本に入ってくるインド映画のDVDも例外ではありません。

海賊版はまず安いです。同じ映画でも1/3の価格で買えたりします。公開から数か月の最新作でも1000円しません。でもいざ再生しようとしたら再生できなかったり、途中までしか見れなかったり、画質が悪かったり…。エラーがあっても返品はきかないでしょう。

おそらく。

 

というかその前に、インド映画のファンであったらインド映画を応援するためにちゃんとした正規盤DVDを買いましょう!安いから…最新だから…って手に入れても、映画制作関係者には一銭も入りません。

「自分が買うだけなら大した額じゃないし…」と思っても甘いです。インドでは海賊版DVDによる損害がかなりあります。

具体的な数字は色々ありますが、ここだと約575億円の被害とのこと。映画制作に直に関係する人々にお金が回らないとなると、将来面白い映画が製作されなくなる…という現象も非現実的な話ではありません。海賊版を買って個人で楽しむ分は犯罪ではないそうですが、正直海賊版DVDで楽しむというのはファン失格であると私は考えています。

幸い、今まで海賊版DVDを買ったことも手に入れたこともない私ですが、それでも初めてDVDを買う時は実績がある信用できる店でしたし、海賊版に限らず海外のDVDを再生する際の注意点など(日本の機器との相性で再生できない場合もある他)も熟読して、「石橋を叩いて渡る」ことはかなりやったつもりです。

 

とはいえ、初めて海外のDVDを買う方や、まだ数枚しか買ったことない方は正規版と海賊版を瞬時に見分けることは難しいと思います。一応、一定の基準はあるものの全部が当てはまるというわけじゃないのですが、ここに一例と傾向を並べて行こうと思います。

 

一般的な例としては以下があります

【正規版の判断例】

・ホログラムシールがついている

・豪華版もある(ケースがでかい、付録つきなど)

・パッケージの印刷がしっかりしている

【海賊版の判断例】

・パッケージの印刷が、コンビニでカラーコピーしたようなもの(←は最近減少傾向)

・パッケージデザインが超ダサい、統一性がない

・そもそもケースすらない(正規なら最低でも薄い紙ケースに入ってる)

・店員さんが、“オリジナル”とか言ってる(正規版とか言わない。でも公式でもDVDにオリジナルと書いてある場合もあるので一概には言えない)

 

【信用できる店の例】(私の購買経験による主観ですしあくまでも一例です)

・インド映画が好きな日本人の方がやっている

・通販だったら、ページのどこかにインドのDVDの再生についての説明がしっかり書いてある。

・通販だったら、商品写真が載っていたり、再生についてある程度の保証がある(全然再生できなかったら交換可とか)

・インド映画紹介サイトにリンクが載っているお店

・確かめたことはないですが、正規版かどうか聞いたとき(もちろん失礼のないように)、ちゃんとしたお店なら答えてくれると思います。

 

一番手っ取り早い判断方法は「ホログラムシールが貼ってある」なんですが、最近ストックのDVDが増えてくるにつれ、それは一例に過ぎない…と思うようになりました。今の所ホログラムがあれば正規版ですが、ホログラムシールが貼ってないメーカーもありますし、将来ホログラムシールすら偽造する海賊版業者も出てくるんでないか…と疑ってる次第です。(←考えすぎ?w)

 

そもそも豪華版も通常版も廉価版も種類がありすぎて複雑なのがダメなんすよ…混乱するわマジで…。

というわけで、写真で説明したいと思います。

 

【正規版の写真例】

Om Shanti Om豪華版です

ここまで豪華なものはおそらく海賊版では出せないと思います。

↓オモテ(左下のがホログラム)

f:id:komeindiafilm:20160321001849j:plain

↓ナカ

f:id:komeindiafilm:20160321021115j:plain

↓ナカその2

f:id:komeindiafilm:20160321021129j:plain

↓ウラ

f:id:komeindiafilm:20160321021143j:plain

 

2.化粧箱つき

Hasee Toh Phaseeブルーレイ

左が化粧箱的な紙ケース(スリーブケース?)

f:id:komeindiafilm:20160321021200j:plain

Luck By Chance

こちらもスリーブタイプ

f:id:komeindiafilm:20160321021226j:plain

Bol Bachchan

こちらもよくあるパターンの紙化粧箱 

f:id:komeindiafilm:20160321021456j:plain

Filmistaan

DVDケースそのものは透明の味気ないものですが、紙ケース付きです

f:id:komeindiafilm:20160321021514j:plain

もちろん、紙ケースなしの、味気ない透明ケースに入ってる場合もあります。

 

豪華版&紙ケースの例はナマボリさんのコチラも。

余談ですが私はプラケースより紙ケース派(傷つかないから)

 

3.数本の映画が詰め込まれてるパターン

ホログラムシールついてます。

f:id:komeindiafilm:20160321021527j:plain

うらに。

f:id:komeindiafilm:20160321021542j:plain

Erosのホログラムシールはデカい。(真ん中)

f:id:komeindiafilm:20160321021555j:plain

 

4.DVD販売専門レーベルもの

個人的に嫌いなMoserbaerが出してるやつ。(ブランド?の主張が激しい(映画タイトルよりでかい)のと、この業者のプロモーションビデオが怖いので嫌いwでも正規版です)

DVD Kanden Kadhalai 

f:id:komeindiafilm:20160321021609j:plain

Moserbaerのブルーレイ

Jab We Met

f:id:komeindiafilm:20160321021624j:plain

Moserbaerはホログラムシールない・・・かも?

 

5.Yash Raj Filmsはケースがコロコロ変わります

Ishaqzaade

f:id:komeindiafilm:20160321021636j:plain

↑最近このパターンのケースが多い気がする。

↑の前後によくあったパッケージが↓

ブルーレイの青ケースと対照的で、個人的に好き

f:id:komeindiafilm:20160321021651j:plain

Rab Ne Bana Di Jodi

速攻傷つきそうな、反射する系ケースの時とかもあります

f:id:komeindiafilm:20160321021718j:plain

中もしっかり印刷されてるパターン

f:id:komeindiafilm:20160321021729j:plain

 

6.超薄いケースだけど正規版です

Bluffmaster

薄いけど右上にホログラムシール。

f:id:komeindiafilm:20160321021742j:plain

Dhaai Akshar Prem Ke

厚紙に、DVDをセットするためのプラスチック板がついている簡素なもの

f:id:komeindiafilm:20160321021755j:plain

開いたらこう↓

f:id:komeindiafilm:20160321021806j:plain

薄すぎてピント合わないw

f:id:komeindiafilm:20160321021837j:plain

 

7.ホログラムシールないけど正規版

Reliance系は付いてないです。何故か。

Besharam(左、ブルーレイ)とMatru Ki Bijlee Ka Mandola(右、DVD)

オモテ↓

f:id:komeindiafilm:20160321021852j:plain

ウラ↓

f:id:komeindiafilm:20160321021904j:plain

 

8.テルグ語映画の例

丸いホログラムシールもあります(右上)

f:id:komeindiafilm:20160321021920j:plain

↑は普通のデザインですが、南の映画は時々ダサいパッケージに遭遇する時があります。おそらく制作業者とDVD販売権利業者が違う時にそういうのがある傾向かと。

 

9.CDでもホログラムシールついてます

f:id:komeindiafilm:20160321021937j:plain

 

【海賊版の例】

ダサいジャケットデザインの例。こんなジャケット公式で出してません。右下(手の下あたり)のシュルティなんてこれ別の映画の写真だし…。いっちょまえにErosロゴ入れてるけど!!!

これは印刷こそ専門業者でやってそうですが、ビニールパッケージに紙ジャケットのみ入りの、プラケースはない感じでした。

f:id:komeindiafilm:20160321021954j:plain

この業者、エム・アイ・ファッション(M.I.Fashion)てところです。(むかつくから店名載せる)

ナマステ・インディアでは海賊版DVD売らずに服売ってましたが、他の横浜や東京のイベントに出店した時はしれっと販売してるらしいので悪質です。とくにこの写真の日は横浜ホーリー祭で、入口あたりの一番いい場所に店舗があって、そこの超目立つ位置に置いてありました。知らない人は普通に安くてラッキーと思って買ってしまいかねませんでした。

数年前見た時は、パッケージ印刷も光沢のあるやつじゃなくて、その辺でカラーコピーしたみたいなやつだったのに、進化させたようです。 

f:id:komeindiafilm:20160321022004j:plain

買う側が海賊版だとわかってるならまだマシですが、海賊版は買いたくないと思いながらも知らずに買ってしまう…というのが一番悲しい事例です。

あ、あとインド食材店で売ってるDVDもちょっと危険なので、見つけてもチェックを忘れずに。

 

何度も言いますが、ファンなら正規版を買ってください。

ネットで違法アップロードされた無料動画を見るのも同じことです。見るんだったら、公式アカウントがアップロードしてるのを観ましょう。Youtubeなどで公式アップロードされているのは、最初や途中に挟まれる広告が収入源です。ちゃんと制作側にお金が回る仕組みになっているんです。

輸入盤に手を出すのは海賊版問題だけでなく色々制約があるので、初めはなかなかハードルが高いですが、その価値は十分にあるモノと思える方だけでもちゃんと正規版を買うのが、インドにとっても日本のファンにとってもメリットだと思います。

あまり日本で海賊版が出回ると、インドから海賊版が蔓延してる国とのレッテルを貼られる可能性だってあるのです。

 

ほんま注意してくださいね!!!

 

最後に、お口直しに楽しい動画貼ってお別れです。

あ、今回は最初と最後がプリやんだw