インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Yeh Jawaani Hai Deewani/若さは向こう見ず

f:id:komeindiafilm:20160313091917j:plain

2013年公開

出演:ランビール・カプール

   ディーピカー・パドゥコーン

   カルキ・コチェリン

   アディティヤー・ローイ・カプール

   クナール・ローイ・カプール

時間:161分

言語:ヒンディー語+英語字幕(ダンスシーン字幕なし)

 

2013年上半期ヒット作の青春映画。

やみつきダンスシーンがTwitterでも話題に!(…って書くとどこかの宣伝みたいだなw)

 

あらすじ

医学生のナイナは、親しい友達も少なく勉強漬けの退屈な毎日を過ごしていた。

ある日、買い物をしているとふと昔のクラスメイト・アディティと再会する。アディティは今度、元同級生のアヴィバニー達とトレッキング旅行に出かけるという。

ナイナの母親はアディティの自由奔放なスタイルに嫌悪感を示すが、ナイナは違った。ナイナはアディティの言っていた旅行への参加を決め、半ば家出のように旅行に参加する。

 

旅行の最中に様々な冒険や体験をするうち、ナイナは次第に変わっていく。同時に、バニーへ好意を抱くようになるが、気持ちを打ち明けようとすると、バニーのある事実が判明し…

 

いろいろ

みどころたくさんなボリウッド映画!

 

あんまり「ボリウッドっぽい!」とかいう言葉は使いたくないんだけど、こんなにゴージャスで、青春が詰まってて、楽しい作品はやっぱりボリウッドって感じ!

 

この映画を観ようと思った一番の理由は、そのノリノリな音楽!

特に「Badtameez Dil」!

f:id:komeindiafilm:20160313091959j:plain

(いつものように下にリンク貼っておきますので、まだの方はご覧ください)

いやーもうね、なにのどこがいいのかわかんないんですけど、もうとにかく病みつきになりまして、その病みつき度は今年の流行ソング大賞を授与するレベル(エルザ的に。)

 

※でも、ここで注意です。

(この曲に限らず)あんまり事前にYoutube等で観すぎてしまうと、いざ本編観るときに感動が薄れてしまうので、ほどほどにしておきましょう。

インド公開とね、同時に観れるんだったらね、プロモ動画発表から劇場公開まで短いからそんなに気にすることもないんだけどね!

 

他にも「Balam Pichkari」や「Dilli Wali Girlfriend」「Ghagra」(マードゥリーがゲスト)も超楽しい!

f:id:komeindiafilm:20160313092005j:plain

一応全体で2時間40分あるのだけど、ノリノリの音楽がたくさん入っててあまり長さを感じなかったです。

 

前半はトレッキング旅行メイン、後半は結婚式で集まった4人がメイン。

前半は真面目なナイナが殻を破り、はっちゃけていくまで。(←説明が雑すぎ)後半は、その8年後のお話。こちらはバニーがメインかな?

あ~こういう青春ものって久しぶりに観たなあ。ラブストーリーにも重きが置かれてますが、中心は4人の友情や葛藤。音楽とも合わさってテンポよく進んでいて良かったです。会話中心だから字幕は相変わらず大変だけど、それでも観やすい方だった。

 

今年のディーピカーはスゴイ!『Race2』のヒットを皮切りに、出演作が立て続けに大ヒット!『Yeh Jawaani Hai Deewani』『Chennai Express』『Goliyon Ki Raasleela Ram-Leela』がすべて100カロール(=簡単に言うと大ヒットの基準額)越え!とどまるところを知らない!

f:id:komeindiafilm:20160313092012j:plain

んにゃーもう可愛いですもんなぁ…ディーピカー。

 

ランビールはいつも通り?いやもうちょっと暴走してる作品もあるからちょっと大人しめ?

夢を追う好青年ていうキャラ、良かったです~

f:id:komeindiafilm:20160313092017j:plain

↑「Dilli Wali Girlfriend」は顔芸込み。

バニーのキャラクター性とか、「Badtameez Dil」の登場の仕方とか、やっぱりランビールにしか務まらないかな!

 

↑の2人、以前付き合ってて、今は別れちゃったから(ディーピカーは今ランヴィール・シンと、ランビールはカトリーナ・カイフとお付き合い中。)、もう共演(というかカップリングが)はないと思われてたけど、実現!その辺も注目ポイントです。 2人のリアル生活にひっかけた台詞なんかも出てきて、面白い♪

f:id:komeindiafilm:20160313092023j:plain

カルキ・コチェリン(右から2番目)は『Zindagi Na Milegi Dobara/人生は一度だけ』にちょこっと出てきためんどくさい彼女、アディティヤー・ローイ・カプール(右端)はこれまた今年のヒット作『Aashiqui2』(あ、感想書き忘れてた)の主役。

アディティヤー君、君今回も飲べぇだったね…。 そういえば、余談だけど、この『Yeh Jawaani Hai Deewani』後半から出てくるタランさん(メガネで、大人しそうで、ちょいポッチャリの人)はアディティヤー君のリアル兄さんクナール・ローイ・カプール(代表作『Delhi Belly』)です。

 

 

昨今の南インド風と融合したな力強い映画もいいけど、やっぱりボリウッドはゴージャスでそれでいていろいろ詰まってて…が好き!って方にはもってこいな映画!とにかくボリウッドファンは必見♪

日本で公開というお話もあるようなので(公式発表はまだないけど、噂レベルよりは上。)、それを楽しみに待機するもよし、待ちきれずに英語字幕でフライングするも良しw!特に音楽は最高なので是非観てください♪

 

リンク

「Badtameez Dil」

「Balam Pichkari」

「Ilahi」

 

おまけ

IFFJで上映ののち、小規模ですが一般公開がありました。邦題は『若さは向こう見ず』。DVDはIFFJ関連のイベントで発売。

DVDはCD屋さんやアマゾン等には置かれてませんが、忘れたころにイベント上映とかあるので、まだ見れる機会はあるかも。