インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Dilwale Dulhania Le Jayenge 略してDDLJ

f:id:komeindiafilm:20160228181047j:plain

 1995年作品

出演:シャー・ルクー・カーン

   カージョル 他

言語:日本語字幕(※ただし機械翻訳レベル)

 

ロングランを続けるボリウッドムービーの王者!

 

あらすじ

wikipediaよりお借りしました。

ロンドンに暮らすシムラン(カージョール)には結婚の日が迫っていた。相手は父親(アムリーシュ・プリー)の親友の息子。顔も知らない相手だった。厳格でインドの価値観を重んじる父の決めたことには逆らえず、一族の故郷であるインド・パンジャーブに嫁ぐことになったのである。

シムランは父に結婚前の最後のわがままとして1ヵ月間のヨーロッパ旅行に行かせてもらう。そこで出会ったラージ(シャー・ルク・カーン)は、口八丁に手八丁、軽薄を絵に描いたような男。最初はあらゆることでいがみ合う二人だったが、旅を続けるうちにラージが単なるお調子者ではないことに気付き始め、シムランは次第に思いを寄せるようになる。しかしシムランには父の決めた婚約者がいる。二人は互いに踏み込めない思いのままに旅を終えた。

ロンドンに戻ったシムランは、ラージこそが長く心に思い描いていた理想の相手であることに改めて気付き、母親(ファリーダ・ジャラール)に打ち明ける。それを立ち聞きした父は激怒。「私の信頼を裏切ったのか!?」。その場で翌日インドに戻ると決めてしまう。 一家の引き払った無人の家を訪れたラージはしばし呆然。しかし玄関先にはあの旅行の思い出の品が残されていた。そこに託されたシムランの思いを汲み取り、ラージは花嫁を取り戻しにインドに旅立つ。

 

いろいろ

今さら紹介するまでもなく、日本にも根強いファンを持つ「DDLJ」。

レビューサイトも多いのですが、その多くがだいぶ古くなってしまいリンク切れの嵐…

それはそれで悲しいのでこちらに記録として残しておく次第でございます…。

 

残ってるレビューサイトとして、こちらのサイトを紹介しておきます。※ネタバレ注意

いや、ここを紹介したら面白すぎてもう自分の書くことないんですけどww  感想も全く一緒wwアムリーシュ・プリーの事とかwww

 

日本語字幕ですが、DVD購入時期にもよりますので

私のDVDは↑の記事のオモシロ字幕よりちょっとマシでした。

現在出てるBDは日本語字幕が無いようです。ご注意を。

 

 

インパクトがもろもろ強いので、何も知らない人にはオススメするの厳しいですが

若い(30歳前?)シャールクを堪能したい、インド映画の王道を攻めておきたい!という方には是非

損はさせませんww

さぁあなたもシャールクの世界へ!

 

リンク

お花畑ソング! 「Tujhe Dekha Toh Yeh Jaana Sanam」

結婚式(?)ソング♪ 「Mehndi Laga Ke Rakhna」

はっちゃけソング♪ 「Zara Sa Jhoom Loon Main」

なれなれな~♪

 

おまけ

てっきり私、この音楽がテーマソングだと勘違いしてまして

映画見終わって「あれ!?流れてなかった」と焦りました。

動画みたら全く違う映画でした。ww

ぶっちゃけタイトルと同じ単語が使われてたので勘違いしてましたww

 

手抜きレビューですいません(汗