インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

DON 過去を消された男

f:id:komeindiafilm:20160228180050j:plain

2006年作品

出演:シャー・ルク・カーン

   プリヤンカー・チョープラー

   アルジュン・ラームパール

   カリーナー・カプール

   ボーマン・イーラーニー 他

言語:日本語字幕(劇場鑑賞・日本語版DVDは絶版)

 

現在(2013年5月)公開中のボリウッド4『闇の帝王DON-ベルリン強奪作戦(DON2)』の前のお話。

初見は2008年の<ボリウッド・ベスト>です。六本木で、『たとえ明日が来なくても』『家族の四季』と同時公開されました。

 

ちょっとあらすじ書くの難しいんで、シネマトゥデイさんからお借りします。

あらすじと解説

国際的犯罪組織を仕切る男ドンは警察との壮絶な戦いの末に逮捕され、一方、組織壊滅を狙うデシルバ警視はドンと似ている若者ヴィジャイ(シャー・ルク・カーン)を替え玉として組織に潜入させる。しかし、警視は組織との戦いで死亡し、ドンも命を落とす。替え玉ヴィジャイは、ドンとして警察に追われることになってしまう。

 

マレーシアの国際的犯罪組織を牛耳る男の替え玉として組織に潜入した若者が、男の死により本物として警察に追われることになるサスペンス・アクション。1978年のアミターブ・バッチャン主演作の『ドン』のリメイクである本作は、ストーリーやキャラクター設定を大胆に脚色。CG処理を加えたダイナミックな映像で、現代的に生まれ変わった。主人公シャー・ルク・カーンのニヒルな魅力や、二転三転する予測不能なドラマに引き込まれる。

 

いろいろ

「ドンをつかまえるのは難しくはない。ドンを捕まえるのは不可能なのだ。」

 

『闇の帝王DON ベルリン強奪作戦』の前に、ぜひこっちを見ていただきたくて。

↑を先に見てもわからないことはないんですが、ドンとロマの関係性とか、理解が深まります。

 

ですが、すでにこのDON1作目、ふつうのレンタル店では借りられないわ、Amazonでも絶版扱い…

どないして観ろっちゅーねん…!

どうしても見たいという方は、ネット宅配レンタルツタヤディスカスDMM.comをオススメします。私は元々会員だったので、ここで復習してから『DON2』の方に挑みました。

2013.07.06追記:あと、ツタヤでお取り寄せレンタルができるそうです。是非近所のツタヤに聞いてみてください。

英語字幕が苦でない方は、Youtube公式無料動画があります。(日本語機械翻訳で観れますが、ちょっとストーリーが複雑なのでレンタルでちゃんとした日本語字幕を見た方がいいと思います。)

 

本作は上記のとおり、リメイク作品です。

ですが、中盤からストーリーがオリジナルと変わってきます。

詳しくは書けませんが、〇〇が△△だったところから空気が変わって、最後には大どんでん返し!

相変わらず長いですが、最後まで飽きさせません!

 

ストーリーはなかなか追うのが大変です。

固有名詞はバンバン出てくるし、みんな怪しいし、苦手は人は1回目の鑑賞はついていくのがやっとかも。

 

シャールク・カーンの魅力もたっぷりです。

序盤のマフィアのDON役、過去に悪役を演じていたこともあって嬉々としているようにも見えます。とってもクール!

一人二役なので、途中からシャールクらしいヴィジャイ役としても登場。こっちはこっちでいつものシャールクみたいで魅力的!アツい!

シャールクファンにとってはかなりオイシイ映画ではないかと(笑)。

 

プリヤンカーの魅力もいっぱい。

美人は怒った顔も美しいですね(←何言ってんだ)

兄をDONに殺された刑事役です。

 

どうしても面白い部分を書こうとすると、ストーリーに関わってくるので多くを語ることができない…

一見単純なアクション物とみせかけて、2回目で「あ~なるほど!」と楽しめます。

 

オススメ!

 

リンク

※「Ye Mera Dil」「Khaike Paan Banaras Wala」はオリジナル版「DON(1978年)」を受け継いでいます

 

ぽっちゃりな時のカリーナーです。音楽はBlackEyedPeasでも聞き覚えある方いるかも。

お祭り(お祈り)ソング♪こっちは明るいヴィジャイの方♪

これもなかなか楽しい♪

 

おまけ

実は「闇の帝王DON~」よりこっちの方が好き。 こっちの方がインパクトとして大きいかな~と思うのです…。