インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

2016年上半期まとめ

 今月もあと数日ですね。

2016年の半分が終わろうとしてるわけですか…短かったような長かったような…。

 

と、いうわけで、2016年上半期に観た映画まとめてみようと思います。

あと数日あるけど、平日は多分映画観ないのでw

 

例のごとく、私のブログは製作年ごちゃまぜです。

観たインド映画リストはこちら

ヒンディー語(15本)

Singham Returns(2014)/Prem Ratan Dhan Payo(2015)/Shaandaar(2015)/Dolly Ki Doli(2015)/Ek Paheli Leela(2015)/Ki & Ka(2015)/Shikhar(2005)/Housefull(2010)/Singh Is Bliing(2015)/Sangdil Sanam(1994)/Kuch Naa Kaho(2003)/Kapoor & Sons(2016)/Neerja(2016)/Fan(2016)/Housefull 3(2016)

マラーティー語(2本)

Fandry(2013)/Sairat(2016)

タミル語(24本)

Theri(2016)/Udhayam NH4(2013)/Maari(2015)/24(2016)/Singam(2010)/Massu Engira Masilamani(2015)/Ayan(2009)/Vel(2007)/Aaru(2005)/Velayudham(2011)/Maatraan(2012)/Singam 2(2013)/Ghajini(2005)/Azhagiya Tamil Magan(2007)/Vaaranam Aayuram(2008)/Thirumalai(2006)/Aadhavan(2009)/Sillunu Oru Kaadhal(2006)/Pasabga 2(2015)/Aadukalam(2011)/Pokkiri(2007)/Friends(2001)/Sura(2010)/7 Aum Arivu(2011)/Thuppakki(2012)

テルグ語(3本)

Sardaar Gabbar Singh(2016)/Rakhta Charitra(2010)/Rakhta Charitra 2(2010)

マラヤーラム語(1本)

チャーリー(2015)

 

部門別映画ベストランキング

(上半期だけだし5本くらい…)

ヒンディー語

1.Prem Ratan Dhan Payo

2.Shaandaar

3.Kapoor & Sons

4.Singham Returns

5.Fan

f:id:komeindiafilm:20160626223312j:plain

2位にShaandaarが来るのが意外!?私の感覚を疑う人もいるかも(笑) でも好みのタイプの映画が全然なかったというか、シリアスな佳作よりShaandaarの方が観てて幸せだったので2位です。ぶっちゃけ萌え度だけなら1位です。『~Payo』は多幸感溢れすぎで涙出てくるレベルwもうちょい字幕がわかりやすければ満点。3位の『Kapoor~』は家族ドラマとしてとてもよかったので上位へ。今年のIFFJでやるみたいですし、日本語字幕が付いてもっと理解できたら順位が変わるかも。4位は年明け早々に観たアジャイさんの『Singham~』。ハチャメチャ度が半端なくて楽しかった記憶、しかしストーリーをもう忘れかけている…w 5位はシャールクの。とても興味深い映画でした。しかしシャールクなので例のごとく若干ポイント落ちますw 全15本で6位以下はそんなに順位に開きはなし。どれも「うわ~これアカンわ~」なのはなかったです。どれも観ても損はなし。

 

タミル語部門

1.24

2.Ayan

3.Azhagiya Tamil Magan

4.Sura/Thuppakki

5.Theri

f:id:komeindiafilm:20160626225306j:plain

1、2位をスーリヤが死守wその下は全部ヴィジャイw なんというか、ヴィジャイの映画おもしろいんすわ!まだヴィジャイよりスーリヤが好きなので(←「まだ」w)スーリヤに頑張っていただきましたw  『24』『Ayan』はそのまま年間ベストに入る予定。そして予定は未定。 3位の『Azhagiya Tamil Magan』は映画館で観てたら年間ベスト決定w  4位同率の『Sura』『Thuppakki』は今日観終わったばっかりなのでもしかしたら順位上がったり下がったりするかも。日が変わると感想も変わることありますし。 『Theri』は今年最初に観たタミル映画。感想書くタイミングを未だに逃してますけど、迫力満点でした! 他スーリヤ・ヴィジャイ以外の以前から好きな俳優も観たんですけど、映画の面白さはそこそこ…って感じでランクインはなしw

他テルグ語・マラーティー語・マラヤーラム語部門は絶対数が少なすぎるのでなしw

 

総合部門

1.24

2.Ayan

3.Prem Ratan Dhan Payo

4.Azhagiya Tamil Magan

5.Shaandaar

と、順位はつけてみたものの、う~んと悩みながらのやつです。明日には「こっちよりこっちが上かな」と入れ替わったりもあり得る気がするw って毎年言ってますねwもっとはっきり差がつけられればいいんですけどねw

 

好みじゃないのも入れて超おすすめ部門

人にオススメするならどれか、って考えてランキングにしてみました。私好みランキングのやつよりは鑑賞作選びの参考になると思います。

1.Sairat

2.Fan

3.Neerja

4.Kapoor & Sons

5.24

6.Azhagiya Tamil Magan

7.Prem Ratan Dhan Payo

8.Ayan

9.Rakhta Charitra

10.Thuppakki

『Sairat』はダントツ。全体的にもラブストーリーの部分だけでもすごい作品。上映会まだある「かも」しれないので是非。DVD出るかわからないけどもし出たら是非! 『Fan』は映画ファンとしては押さえておきたい1本。人によっては心が痛くなるかも。 『Neerja』は実話ものとしてもスリラーとしても超優秀。しかしめっちゃシリアスなので好みではない。 『Kapoor & Sons』はキャスト・人間ドラマに見どころあり。 『24』はまだスーリヤ沼にはまってないタイミングで観て面白かったのでオススメ。もしかしたらボリウッドでリメイクあるかもって。観たいような、タミル版だけでそっとしときたいような。 6~10位もどれもどこかに見どころあったり映画として面白いものばかりなので機会があったら是非観てほしいっす。

 

まとめ

なんと、とうとうタミル語映画鑑賞本数がヒンディー語映画を抜いた!今までシッダールタ→ダヌシュとハマってきたものの、そこからあまりはみ出すことがなく本数が伸びなかったタミル語映画、やっとというか今更というかスーリヤ&ヴィジャイの域まで広がり、大幅に数字を伸ばしてきました。先週さらに別の俳優さんのDVDを買ってみたので(まだ届いてない)、さらにタミル映画ワールド広がっていくと思います(そうなるともう止まらないかもw)

っていうか、タミル映画にどっぷりな理由は多分私の中でヒンディー語映画が最近面白くなくなってきたからだと思う。1~3月はヒンディー語映画しか観てなかったけど、月に2本しか観てないwここ数年100本くらい映画観てた自分にとってこのペースの遅さは異常wなんだか観たいと思えるヒンディー語映画が減ってしまったのよねぇ…。でもヒンディー語映画もコンスタントに良作をリリースしているし、単に自分の好みのヒンディー語映画が出てきてくれる率が下がってるだけだと思います。上記おすすめ部門ランキングに数本入れた通り、質が落ちたとかそういうことは思いません。

ヒンディー語映画は最近Spaceboxさんが最新の大作上映してくれたり、DVD出るのが意外と早かったりと、上半期にしては2016年のやつ割りと観てる気がします。

 

昨年や年始には自分でもあまり予想してなかった鑑賞傾向になっててまだびっくりしてます。下半期はこのままタミル映画の方向に突き進むのか、それとも今までぬくぬく暮らしていたヒンディー映画の畑に戻ってくるかはわかりませんw 次回のランキングも乞うご期待!