インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Mard Ko Dard Nahi Hota/燃えよスーリヤ!!

f:id:komeindiafilm:20190804223215j:plain

2019年公開

出演:アビマンユ・ダサーニー

   ラーディカー・マダン

   グルシャン・デーヴァイヤー

   マヘーシュ・マンジュレーカル

監督:ヴァサン・バーラー

時間:138分

言語:ヒンディー語+英語字幕

 

『燃えよスーリヤ!!』の邦題で2019/12/27からTOHOシネマズ シャンテほかで公開決定!年末が楽しみ♪ その前に英語字幕で観てたのでそのレビューです。

 

あらすじ

無痛症のスーリヤは、祖父と父との3人暮らし。無痛症は、痛みを感じないのはもちろん、喉の渇きも感じない。そのためうっかり脱水症状になるのを防ぐよう、スーリヤは水が入ったリュックとストローを身に付け、目はゴーグルで守っていた。痛みを感じないため、彼の行動はいつも大人たちをひやひやさせる危ないものだった。

痛みを感じない彼を同級生は面白がり、よくからかわれていた。彼にはいつも助けてくれる幼馴染スプリヤーがいたが、とあることをきっかけにスーリヤがスプリヤーの父に危害を加えてしまう。それ以来2人は離れ離れになってしまった。

スーリヤの父は既に妻、つまりスーリヤの母を亡くしていた。スーリヤも居なくなってしまうことを恐れ、彼に健康的な生活を送るよう管理するようになる。

一方で、スーリヤは空手家のマニ(グルシャン・デーヴァイヤー)に憧れていた。彼はスーリヤが幼少期に観たビデオテープに映っており、片方の脚を失っていながらも"百人組手"をやってのけていた。スーリヤは誰にも気づかれないように密かに身体を鍛える日々を送る。

青年に成長したスーリヤ(アビマンユ・ダサーニー)はある日、街にマニの百人組手ポスターが貼られていることに気が付き、ポスターを貼っていた女の子を追いかけるが…。

 

いろいろ

私、『Maine Pyar Kiya』のヒロインだったバグヤシュリーのファンで(未だMaine Pyar Kiyaしか観てないけど)。彼女の息子であるアビマンユ・ダサーニーがデビューってだけで気になってしまい、あと多分ポスター見た時に面白そうじゃん?って思ったのが観たくなった理由だった気がする。

f:id:komeindiafilm:20190804224056j:plain

ポスター多分これだった気がする(いろいろと曖昧すぎる そういうとこだぞ)

ふつう二世俳優デビューと聞くと、ピンキリだからまずは斜めに構えてしまうんだけど、予告観た感じだとデビューでも演技大丈夫そうだし、面白そうって。

 

デビューとしては堂々としてました。合格!

スタイルいいからなのか、足蹴りアクションが映える!

f:id:komeindiafilm:20190924211234j:plain

シュパァァァァッ

彼についてはインタビュー貼っときますね

実際のところ、まあ観て判断してくれや!としか言えないんだけど

ポスターが楽しそうなエエ顔しとるんでこれも貼っとこう。

痛みを感じないアピールでいっぱいポスター出てる

f:id:komeindiafilm:20190924213709j:plainf:id:komeindiafilm:20190924213842j:plain

f:id:komeindiafilm:20190924213733j:plainf:id:komeindiafilm:20190924213711j:plain

これ以外にもあるから探してみてね

 

無痛症ね、噂に聞いたことあるけど、命の危険があるっての怖いですね。喉の渇きも感じないとは。なるほど痛みは危険を知らせる信号なのよね。

…痛みを知らないから自らこんなことに…しても元気すぎないか?周りにこういう症状の子居ないから分からないけど、子どもというのはこういうものなのか?

f:id:komeindiafilm:20190804235001j:plain

痛みがないから高いところから飛び降りるの怖く思ってないのは何となく理解できる。

 

甘いお爺ちゃんと厳しいお父さんっていう図式でちょっと出演時間的にはちょっと存在が薄かったスーリヤのお父さんだけど、私の一番の泣きポイントは、もう大切な人を亡くすようなことはしたくないって言うお父さんのシーンだったなぁ。

ジミト・トリヴェーディー演じるお父さん、いいお父さんだった。お父ちゃんの写真探したけど全然出てこなかったウケる。役者さんの写真は出てくる。

あとおじいちゃんもいいよー!お母さん居ない代わりにおじいちゃんが面倒見てたからスーリヤはおじいちゃん子である。

f:id:komeindiafilm:20190924213305j:plain

(おじいちゃんもあんま画像なかった)
おじいちゃん役はマヘーシュ・マンジュレーカルです。なかなか顔を覚えられないんだけど、いつも違う見た目してるからかも。

 

インドって何気にマーシャルアーツ好きな気がする。

時々遭遇するから。ほら『フライング・ジャット』とか。

って、ほかに例あるかなと思って今ググってみたらミトゥンおじさん主演で『Karate』って映画あったみたいで、超観たいんですけど。

f:id:komeindiafilm:20190924203305j:plain

…話が逸れましたね。

『Mard Ko Dard Nahi Hota』、ちょっとマーシャルアーツの要素を入れました程度じゃなくてガッツリ構成の一つで、アクション映画として見ごたえがあります。

「見ごたえがある」って書いてる私は今咳しながら「咳で腹筋割れねぇかな」とか考えてる運動不足マンなので説得力ないですけど。

女の子も闘うよー!

f:id:komeindiafilm:20190924205657g:plain

ガンガン戦える系女子!主人公より喧嘩っ早いかも。

女の子が戦うのってテンション上がる!

 

大作じゃないしお話としてはこじんまりとしてるんですよ。たぶん街から出てないんじゃないかって感じのこじんまり感。

でも面白い。

このこじんまり感だから出せる、冷めた感じとか一種のニヒリズム的(言葉選び合ってるんだろうか、間違ってたらすんません)な、どこか力を抜いてる感というか。そういう空気感。どこか王道じゃないキャラクター達とか、むしろちょこちょこふざけてる感じとか。うまく表現できないんだけど、好きです。肩の力抜いて観るといいのかな。

個性的だけど、でもこれもインド映画よ。

あと、Japanワードがいっぱ出てきて、
「カラテ」はしょっちゅう使われてるし、あと「サムライ」とか「ハラキリ」とか…。なんかもうこれだけで狙ったように絶妙なチープさを感じる映画なの分かって貰えるかな?(笑)

ほかに個性的な部分として、悪役のキャスティングね。

主人公が憧れる空手マンと悪玉を、どちらもグルシャン・デヴァイヤーが演じてます。

f:id:komeindiafilm:20190924214419j:plain

アーッ!グルシャン・デヴァイヤー!この人出てくると一気にキワモノ感増す~!!(グルシャン・デヴァイヤーに対してのイメージが偏っております)

主人公が2役はよくあるけど、主役ではないところに2役を持ってくるの珍しいなって思いました。



というわけで、掘ると色々見どころ満載なアクションコメディーでした。前々からすごく観たかったのもあるけど、けっこうお気に入り。決して大規模作品ではないけどオススメです。

 

リンク

まずはよこーく!

冒頭"DISCLAIMER"のところ、絶対面白いこと言ってるから英語字幕付けてほしかったw

 

プロモーション用よ「Rappan Rappi Rap」

 

ちびスーリヤがかわいいメイキング

 

おまけ

ランヴィール・シンに殴られるアビマンユ・ダサーニー(痛そ…)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@ranveersingh Simmba meets Surya! Dard nahi hota baki sab hota hai 😉 still love you bro tu hi Mera Bhai hai 🤗

Abhimanyu Dassaniさん(@abhimanyud)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

Nani’s Gang Leader

f:id:komeindiafilm:20190921231509j:plain

2019年公開

出演:ナーニ

   プリヤンカー・アルルモーハン

   サランニャー・ポンヴァンナン

監督:ヴィクラム・K・クマール

時間:155分

言語:テルグ語+英語字幕

媒体:スクリーン(さいたまスキップシティ)

 

あらすじ

ある夜の銀行に強盗が入る。6人組の銀行強盗たちは速やかに作戦を遂行するが、最後の最後逃げる直前に1人が裏切り、5人はその場で射殺されてしまう。裏切った1人はそのまま警察の手からも逃れ、30億ルピーと共に行方知れずとなっていた。

14か月後─。プリヤヴァララクシュミスワーティチンヌたちのもとに、ある会社からプレゼント当選のお知らせが届く。彼女たちは喜んで呼ばれた場所に来るが、そこは会社でもなんでもなくサラスワティという老婆が暮らすアパートだった。サラスワティは集まった4人に、自分たちはそれぞれあの銀行強盗によって殺された男たちの遺族であること、また殺した人物に復讐することを提案する。

サラスワティは復讐の計画として、犯人より頭がいい人物が必要と考える。彼女は、これまで28冊もの復讐小説を書いている作家"ペンシル・パールタサーラティ"という人物に協力を依頼しようとする。彼女たちはさっそく作家の自宅を訪ねるが、そこでは洋画を観ながら台詞をそのまま自身の小説に書き起こしているペンシルの姿があった。そう、彼はオリジナルの小説を作っているわけではなく、パクリ作家であった。

ペンシルの実態に落胆する彼女たちだったが、成り行きでそのまま彼に復讐の手伝いを依頼する。完全なボランティアでしかないその依頼をはじめは拒否するペンシルだったが、これをきっかけに初めてのオリジナル小説が書けると勧められ、協力することに決める。

そうして、ペンシルと5人の女性による復讐劇が始まるが…。

 

いろいろ

楽しかった~!

復讐の話なんだけど、どこまでもコメディ要素があって根が明るいというか、軽快というか。緩急とテンポも良くてあっという間!

みんなボケとツッコミ次々入れ替わるほどたくさん応酬してるw

監督は『24』も最高だったヴィクラム・K・クマールで、今回期待度高めで観たのだけど期待を裏切らなかった!最高!

 

リベンジャーズ・アッセンブル…

みんな可愛い…

サングラスで形から入るリベンジャーズ、可愛い…

f:id:komeindiafilm:20190921234150j:plain

かといって毎度きっちりキメてくるわけじゃなくて、

いざグラサンかけるとこ!ってところで「持ってないわよ~家に置いてきたもの」って…。

どこまでもボケ倒す…可愛い。

 

プリヤは婚約者、ヴァララクシュミは息子、スワーティは兄、チンヌは父、サラスワティは孫をそれぞれ殺された人たち。

みんな家族を殺された悲しみを持ちつつ、彼らがなぜ強盗をやろうとしてたかもわからず、残された自分たちは社会の中では非力な方で、事件から14か月の間に気持ちに折り合いをつけようとしてたところで、まだ深い傷が癒されなかったり、折り合いをつけられなかった部分もありってところで、復讐するに至ったんだけど、その14か月って時間の長さがそうなのか、もともとの彼女たちの性格なのか、復讐譚なのだけど目が血走る血沸き肉躍るって雰囲気までいってなくて、ちょっとユルくて、そこがインドの復讐映画としては新鮮でした。ほらインド映画って、人が殺された瞬間にカマ持って復讐に出かけるっていうイメージじゃない?(偏見)

 

あとみんな身内が殺されたせいでほぼ孤独な身の上になっちゃってる人たちなんだけど、家族ドラマでもありました。

いろいろあるけど特に、チンヌの誕生日のシーンが…めっちゃ泣ける…!!おばちゃん最近こういうのに弱いんだわ!!

f:id:komeindiafilm:20190921234448j:plain

 

吉本新喜劇かってくらいギャグが畳みかけてきますよ 

ナーニ君はやはりギャグタッチが絡んでこそ光るものがあるな、って思いました。そこは単なる私の好みでもありますが。

めっちゃナーニ君調だと思ったのはこのシーン(予告から3コマ漫画でどうぞ)

f:id:komeindiafilm:20190922000705j:plain

f:id:komeindiafilm:20190922000707j:plain

f:id:komeindiafilm:20190922000725j:plain

※日本語字幕はYoutubeの自動翻訳です

自らボケつつ小物感もありついでに庇護欲を掻き立てられる…!(庇護欲は人による?w)

ペンシルっていうその"パクリ"小説家って設定がまたね!ナーニ君っぽい!似合う!さすがはナチュラルスター!ズルいわぁ~!!あとちょっとむっつりスケベです。

小説家っていうのを活かしてちょっとメタ的な演出があるのも楽しいっすね。

ナーニ君映画の中で結構上位の面白さです。

 

 

字幕が常に2行表示されてるんじゃないかってくらい台詞は多いものの、専門用語は少なくてだいたいわかる内容でした。辞書引けない環境で専門用語はキツいからな!ギャグシーンもだいたいわかる。そしてあれやこれや色々な疑問も話が進んでいく間に説明される感じ。難しすぎはしないから多分大丈夫です。

 

リンク

音楽はアニルド君!タミル畑の音楽監督ですがテルグ映画を手掛けるのはこれが3本目、前回もナーニ君ので『Jersey』

 

「Gang-u Leader」

一番ヒットしてるのはこれかな。プロモ風ソング(キャラ紹介ソング)&ダンスだから本編には使われないだろうと思っていたら短縮版が本編に付いててわーい!

長尺版はYoutubeのみかな?

 

ロマンチック枠「Ninnu Chuse Anandamlo」

 

「Hoyna Hoyna」

Hoynaはどういう意味だろうと思って字幕注視したんですが英語もそのまんまでしたw

↑この冒頭シーンに2019ベストシーン賞あげたい

ナーニ君とアニルド君のプロモ版動画もあるよ

 

カーリー!「Ra Ra」

アニルド君の曲好きすぎていつもより多く貼ってしまうw

 

おまけ

おまけその1

今回ふと思ったことがネットで話題になっててワロタ

 

おまけその2

上映会で観ました

f:id:komeindiafilm:20190922010531j:plain

f:id:komeindiafilm:20190922010534j:plain

ナーニ君が『Jersey』に続いて「上映される系俳優」に繰り上げされたんがおばちゃん嬉しいわ…