インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Comali

f:id:komeindiafilm:20191214102508j:plain

2019年公開

出演:ジェイヤム・ラヴィ

   ヨーギ・バーブ

   カージャル・アガルワール

   サムユクタ・ヘグデー

監督:プラディープ・ランガナタン

時間:141分

言語:タミル語+英語字幕

 

あらすじ

12年生のラヴィ・N(ジェイヤム・ラヴィ)は、同じクラスのニキタ(サムユクタ・ヘグデー)に恋をしていた。1999年12月31日に彼は彼女を呼び出し告白するが、ちょうど運悪くそこに居合わせたヤクザによってプレゼントを奪われる。ラヴィは倒れこんだニキタを助けようとするが、走ってきたトラックに跳ね飛ばされ、そのまま意識を失ってしまう。

2016年、突然ラヴィは意識を取り戻す。あれから16年もの歳月が過ぎ去り、環境はすっかり変わっていた。親友のマニ(ヨーギ・バーブ)はIT会社の社員となり、ラヴィの妹ディヴィヤーと結婚していた。父親は8年前に亡くなっていた。

告白の返事を聞けずじまいだったニキタに一目会いたいと、ニキタがいる家を訪ねるラヴィ。しかしニキタは偶然にもラヴィを診ていた医師と結婚していて…。

 

いろいろ

タイトルの『Comali』は「ピエロ」という意味だそうですが、もう一つ、「coma」(昏睡)という意味もかかっていると思います。そんな16年間昏睡状態だった彼が眠りから目覚めて起きる騒動のお話です。

f:id:komeindiafilm:20191214113739j:plain

 

ヨギバブちゃんがなんと親友役!

最後まで出ずっぱりです!すごい~!

f:id:komeindiafilm:20191214120653j:plain

かわいー!

こんなに長い間昏睡状態だった人がいきなり社会復帰するのは難しそう…って容易に想像がつくんだけど、こういう人をサポートする組織ってないのかなw 親友マニが一家の大黒柱になって子供たちとラヴィとお母さんと奥さんを支えてるのが健気だった…結婚はラヴィのためではなかったけど、目が覚めない間すごく世話してたし…目が覚めてからも一番ラヴィのこと世話してたし…親友すごすぎないか?w

f:id:komeindiafilm:20191214113214j:plain

学生バブや濡れバブもあります

学生時代、バブちゃんはさておきジェイヤム・ラヴィは若作りメイクしたんかな?お顔つるっつるだったw

f:id:komeindiafilm:20191214121132j:plain

 

ラヴィは少年の心のまま目覚めてしまったので、お家やチェンナイの街の変化になかなかついていけないのはもちろん、感覚が少年そのままで、顔は大人なのに趣味は少年…好みの女性だったり思考が昔のままだったり…。顔が大人で行動するとアウトー!って感じのトラブルも起きます。それがあちゃ~って思いつつ面白かったり。少年がやってもまあまあアウトなものも大人の姿でやるとさらにアウト→みんなに袋叩き…。でも中には中途半端に現代を教えてもらって勘違いしてしまったのもあって、ちょっと可哀そうなのもあったw 逆に16年前のままだったから周りの人が気付かない真理を突くこともあります。

f:id:komeindiafilm:20191214122744j:plain

あと服もダサいw

 

社会復帰や恋愛の話かな~と思ってたら、後半からメインに別の要素が加わり、方向転換する感じでした。かといってストーリー上唐突に出てくるものではなくて、前半にちゃんと出てきたものから繋がっています。(1つの話として終わる映画に「伏線」って言葉は合わないと思ってるので別の言い方にしたいところですが)些細なものから一つ一つがちゃんとストーリーに絡んでいるところがよくできてるな~って感心しました。観ている側がすっかり忘れる頃にもう一度出てくるアレやコレのネタ。素直に楽しい。

 

なぜ2019年や2018年じゃなくて2016年なのか、ってしばらく謎だったんですが、後半で理由がわかりました。アレを使いたかったのね…。

 

設定から「どうなるんだろう」ってワクワクさせる話で、面白かったです。コメディでもセンチメンタルでもあって楽しめました。オススメ~

 

リンク

予告も面白いので

 

キャッチーな曲が多いぜ

「Oliyum Oliyum」(少年なので)年齢近い子供と遊んだりする

 

「Paisa Note」カージャルが祀られてるw

 

「Hi Sonna Podhum」comaになる前少年時代