インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Mankatha

f:id:komeindiafilm:20200609202123j:plain

2011年公開

出演:アジット・クマール

   トリシャー

   アルジュン

監督:ヴェンカット・プラヴ

言語:タミル語+英語字幕

時間:160分

媒体:ブルーレイ

 

あらすじ

警察官のヴィナーヤク(アジット・クマール)は、麻薬で逮捕されたファイザル(アラヴィンド・アーカーシュ)を救出した咎で謹慎処分になる。彼は恋人サンジャナー(トリシャー)が裏組織のボス、チェティヤール(ジャヤプラカーシュ)の娘だったことからその部下のファイザルを救出するに至ったのだったか、これには実は現在プリトヴィラージ(アルジュン)を中心とする警察が力を入れて捜査しているクリケット賭博と関連があった。警察の目を盗み多額の金を操ろうとするチェティヤールの傍で秘密裏に活動を始めるヴィナーヤクの密かな計画とは…。

 

いろいろ

f:id:komeindiafilm:20200609221135j:plain

アジットさんなかなか馴染めなくてまだ4本目なんだけど、もしかしてアジットさんが持つスタイルって"アンチヒーロー"だったりする?人気スターだからってタミル正統派ヒーローを想像してると想定外なことになってる(笑) この辺は後述のネタバレゾーンにて。

 

法で取り締まる職に就きながらも法を犯す人間と懇意になり、自らも法を犯していくヒーロー…。それがありなのかめちゃめちゃ謎に思いながら観てました。そういうのは最後まで観るとすべての種明かしがあって逆に清々しいんですがw

 

写真左アシュウィン・カクマヌ(以前イケメン特集南インド編に出てもらった)と写真右から2人めマハト・ラーハヴェーンドラ(『Jilla』でヴィジャイの弟役)が出ててキャッキャしたよ。

f:id:komeindiafilm:20200609223404j:plain

眼鏡のもさっとしたプレームジ・アマランはヴェンカット・プラヴ監督映画のレギュラー役者さんで、おそらくこれも当て書きされた役なのではないかと推測。鑑賞中「当て書きってやっぱ役者冥利につきるのかな~」って考えてしまったw

 

 

【ネタバレ】

(白文字にしたから反転してね。スキップしたい人は枠の外までスクロールしてください)

 主人公、最後には実は覆面警察で犯人の摘発のために動いてましたー!捜査官プリトヴィラージと裏で協力し合って奔走してましたー!…ってなると思ってたんですよ。わりと最後の方までそれを勝手に信じてました。でも蓋開けたら、最後の美味いとこををかすめ取る極悪人w 一大スターが演じる主人公がそれでいいのか!?悪いといいながら民衆には慕われてる義賊の類でもなく、ほぼ誰に対しても誠実じゃない男が主人公だったことにかなりびっくりした…。他人をかなりどうでもいい存在だと思っている節があって、まぁそれが元々無法者相手ならいいんだけど、誠実な人に対してもそうだし一応は犯罪に加担してなかった女性に対してもそうだし、この辺も少々驚いた。そういうキャラクターが居てもいいけど内面にどこかいいところがないと観客から支持受けないのでは…?でもこれ現地で割と支持受けてるんだよなぁ。…となるとアジット・クマールという俳優がもしかしてこういうキャラクターを自分の十八番としている可能性もあるのかな、と思った次第です。まぁ言うてまだ4本目なので全然分からんのだけどwどうもまだ彼が演じるキャラクターたちになじめない。

とはいえ今回はその結末に憤るって程ではなくて「あ、そうくるんだ?」みたいな軽い驚きでしたね。こちらが想定していた方向と全然違う方向の道に入っていったことに対してのシンプルな驚きが大きかったw

ネタバレ終了
 

リンク

「Machi Open the Bottle」ガチャガチャダンス(好き)

 

「Vilayadu Mankatha」

 

「Balle Lakka」はっちゃけソング