インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

War

f:id:komeindiafilm:20200211095322j:plain

2019年公開

出演:リティク・ローシャン

   タイガー・シュロフ

   ヴァーニー・カプール

   アヌプリヤー・ゴーエンカー

   アーシュトーシュ・ラーナー

監督:シッダールト・アーナンド

時間:154分

言語:ヒンディー語+英語字幕

媒体:ブルーレイ

 

あらすじ

RAW(インド調査分析局)に所属するカリード(タイガー・シュロフ)は、国を裏切った父親を持ちながらも彼自身の努力で組織に認められたエージェント。彼はエージェントのカビール(リティク・ローシャン)を尊敬しており、彼のチームに入ることを希望する。カビールにとって因縁の関係にあったらカリードは渋られるが、カビールの信頼を勝ち得る。

カビールたちはインドの敵であるリズワン・イリヤーシー(サンジーヴ・ヴァスタ)を追っていた。テロリスト兼ビジネスマンであるリズワンはインドのあらゆるテロに繋がっていたが、頭が切れるためなかなか捕まえられないでいた。モロッコで彼を追いつめるものの、すんでのところで逃げられ、カリードもカビールも重傷を負ってしまう。

暫くの後、カビールは秘密捜査官ナーイドゥー(モーヒト・チョウハン)の指示の下、別のテロリストの狙撃ミッションを実行する。しかし、カビールが狙撃したのはテロリストではなくナーイドゥーだった。RAWはトップエージェントの裏切りに混乱する。同じく彼の行動に疑問を持ったカリードは、カビールを追うチームに参加するが、そんなカリードの前に現れたカビールは「俺の邪魔をするな」と言い放ち…。

 

いろいろ

当代随一のイケメン俳優リティク・ローシャンと、彼のファンを公言するタイガー・シュロフ競演のアクション!

f:id:komeindiafilm:20200211111350j:plain

タイガーのリティクへの憧れがそのままカリードとカビールの関係性にシンクロしてて、俳優の事情を知ってるとより面白いやつ。前から知ってたら「タイガー、念願かなって良かったね」な感じのやつ。

 

アクション満載で楽しかった!

タイガー登場のワンカット風アクションシーンは『キングスマン: ゴールデン・サークル』からの拝借だろうかね。それ以外にも銃撃戦やらバイクチェイスやら飛行機の中やら爆発やら超てんこ盛り。さながらミッション・インポッシブル。ハリウッドと韓国からアクションスタッフを呼んだそうです。なるほどめちゃめちゃかっこよかった!

あと監督が『Bang Bang!』のシッダールト・アーナンドなんですよ。『War』は『Bang Bang!』よりマジなトーンだけど、クリアな雰囲気は近いと思う。

最後まで飽きることなく観られるエンタメ性。色々都合が重なってマイナスなテンションで観始めたんだけど面白くて元気出た。スカッとするね。

 

 

リティクの~~~顔がいい~~~~~!!!!!!

インドスパイ組織のイーサン・ハント!!!

f:id:komeindiafilm:20200211105317j:plain

顔がいいーーー!!!

f:id:komeindiafilm:20200211105404j:plain

年を重ねてだいぶ渋み出てきてめっちゃかっこいい…

どストレートにかっこいい役は久々よ

過去の仕事で負った傷もセクシー…

リティクファン的に最高だった…眼福♡

『Dhoom 2』と『Bang Bang!』と『War』でリティクアクション特集上映やろうよ。リティクは日本でもっと人気出ていいはず。※3作はワイが好きなチョイス

 

 

タイガーはね、ぬるぬる動いてた

リティクとタイガーが同じ動きしててもタイガーの方が軟体動物っぽかった。あとちょっとバレリーナっぽい。

あとアクションは脚が長く見える角度での回し蹴りが多い。もう十八番だね。

f:id:komeindiafilm:20200211112932j:plain

並んで見てるとアーリヤ系の"クール"な部分はリティクと近い見た目してるなぁっと思った。リティクに寄せてるのかもしれないし、お父さんもクールな感じだから元々もあるだろうし。なんとなくポスト・リティク感。

 

アクション以外のみどころは、もうこの2人の上司と部下、先輩と後輩、ベテランと新人、といった信頼関係が崩れるところですかね。2人とも"インドのために働く"という忠誠心を基盤とした関係なんだけど、カビール(リティク)が"裏切り行為"を行ったためそれを根底から覆すという。カリードはそれでもなおカビールを"裏切り者"として見るのではなく一定の尊敬の念を残しながら「何故」からカビールを知ろうとするのが、(私は原作主義者なのでBL的な見方はしないですが、)ブロマンスみある。…とか考えてたらナナメ上から怒涛の展開があるんですけどね!!

 

リンク

ダンスシーンよりアクションシーンの方が多かったね

「Jai Jai Shivshankar」

 

「Ghungroo」リゾートみ

 

リティク登場シーン(顔がいい)