インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

2019年1月に観たインド映画【後編】

1月に観たインド映画、後編の5本です。

 

前半はコチラ

 

F2 - Fun and Frustration

2019年/テルグ語/コメディー

f:id:komeindiafilm:20190202205812j:plain

ヴェンカテーシュさんとヴァルン・テージが共演する、結婚を巡るコメディー。お祭りシーズンの大作映画に影に隠れて公開される予想が、あれよあれよという間にヒットになったそうです。

ぶっちゃけあんまり中身ないです(笑)そのかわりあんまり考えずに楽しめる良さはあります。笑わせるところが台詞(つまりは英語字幕)が多い以外は、明るい色味だしテンション高いのでテルグ映画好きな人にはよさそう。コメディー特有の難しさ(ローカルネタとか)はスッと流して楽しみましょう。

これはどうでもいい小ネタなんだけど、劇中プラカーシュ・ラージが住んでる白亜の豪邸はタイにある建物です。プラカーシュおじさんと今作のヒロイン・タマンナーが出演してる『Entertainment』でも使われてて思わぬ偶然にテンション上がりました(ロケ地特定班の血が騒ぐ)

 

タイガー・バレット

2018年/ヒンディー語/アクション

f:id:komeindiafilm:20190202210208j:plain

IFFJ2018で上映されそうだったのに直前に中止になってなんやらニュースと同時にトラブルな匂いがした『Baaghi 2』。それがとうとう日本語版『タイガー・バレット』という邦題が付きDVD発売されました。インド映画でインパクトがあるやつ、こんな感じにシレッとDVD化されるチャンスが増えてくるんでしょうかね?もちろん劇場公開が一番うれしいけど、全く日本に来ないよりは嬉しいから歓迎です。あと『マッスル 踊る稲妻』も発売されたのでよろしくお願いします。どっちもレンタルやってるらしいよ。

『~2』なので続編と思いきや前作『Bhaagi』は全くと言っていいほど関係ありません。それぞれ別の南インド映画をリメイクしていて、設定もストーリーも繋がりありません。監督も違う。「タイガー・シュロフがド派手なアクションで暴れまわる」がコンセプトのシリーズ、って考えるのが妥当?前作『Bhaagi』は予習しない方が逆に混乱しないで観れます。

さすが超絶身体能力の持ち主、タイガーシュロフのアクションすげえ!この人ジャンプ力がすごいんだけど、アクションシーンでめっちゃ跳ぶ!跳びまくる!「俺の跳躍を目に焼き付けろ!」って感じで!アクションシーンでこんなに跳ぶ人観たことねぇ(笑)前世はカンガルー。

前半はちょっと退屈したけど、後半はどんどん秘密がわかってきて面白かったです。クライマックスのぶっ通しアクションシーンは観てるだけでエナジードリンク飲みたくなります(笑)。

ちなみに2作目より1作目の方が好きです。

 

Devadas

2018年/テルグ語/コメディードラマ

f:id:komeindiafilm:20190202205617j:plain

コンプしないと気が済まない、ナーニ君映画最新作です。今回はナーガルジュナさんと共演。ナーガルジュナさんが肉体派マフィアで、ナーニ君は気弱なお医者さん。

ナーガルジュナさんカッコ良かった~!もうすぐ60歳だけどけっこう良い身体してましたよ…肉体派なので、アクションで活躍してました。ナーニ君は全くアクションしてなかった。年齢的には普通逆な感じするけど、その逆が美味しいところなのかも。ナーニ君のピンチにスッと現れるナーガルジュナさん…え、かっこよき…惚れる…ナーニ君はヒロイン。とにかくかわいい。

ホントのヒロインでナーニ君の相手役ラシュミカーちゃんがめっちゃ私好みの顔でした。

ナーガルジュナさんカッコ良かったので過去作DVDいっぱい買いました。もうすぐ届く予定。

 

K.G.F:Chapter 1

2018年/カンナダ語/アクションスリラー

f:id:komeindiafilm:20190202210339j:plain

今インド中で鬼ヒット!カンナダ圏だけじゃなくて、南インドだけじゃなくて、ヒンディー語版も公開されて…っていう全国的な超話題作。バーフバリより良いって言う人もいるくらい!なスゲー評判とともにやってきたカンナダ映画。

前後篇のうち前編だけなのでまだ全体的な評価は持てないけど、私としてはそこまで燃え上がるかな~~?っていう印象。前評判が高ければ高いほどハードルは上げないでおこうって思ってたぶん、心のどこかで構えてしまったかも。ただ所々面白いシーンとか、アガるシーンとかはあった。特にクライマックスに出てきた女神に生贄捧げる儀式は血みどろ野蛮さが凄まじくて好き。

全体的に土くささと汗くささジューシー感がインド人が好きそうなシーンはいっぱい詰め込んであるなぁって感じ。若干冷静に観てしまったかも。後編は2020年という噂を聞いたんだけど、私こんな年の初めに観ちゃって、続きまでに内容忘れちゃいそう…。

 

Andhadhun

2018年/ヒンディー語/サスペンススリラー

f:id:komeindiafilm:20190202210613j:plain

『KGF』の直後に観たから落差が凄いw こちらは昨今のボリウッドが得意とするめっちゃスカしたサスペンス。ブラックコメディーで大人な雰囲気です。IFFJでシレっと上映されて欲しい。

主人公は目の見えないピアニスト。元スター俳優に気に入られて家に演奏しに行ったら、その元俳優は殺されていて…っていうところから怒涛の展開が始まります。もう既にこの辺でネタバレ要素があるから詳しくは書けないんだけど、設定の仕掛けが面白くてこの先どうなるのか気になっちゃう感じ。けっこうヒヤヒヤするから心臓に悪いです(笑) そして最後まで油断できなくて同じく1月に観た『Petta』同様「やられた!」って言いたくなるや~つ。一瞬が全てを物語るってやつ。最高の終わり方だった。

IFFJでもいいけどミニシアターでやってくれないかなぁ。

 

 

というわけで1月は10本観ました。今めっちゃDVDが溜まってるので、2月も時間があるかぎりガンガン観たいと思います。イエイ

 

 

 

 

2019年1月に観たインド映画【前編】

こんばんは。1月も終わろうとしているのにやっとちょっと大掃除をしたelzaです。

 

 

今月はインド旅行でかなり元気をチャージしてメンタルもフィジカルも元気いっぱいだったので、インド映画いっぱい観ました!(今考えると去年後半はわりとキツかった…)昨年秋からストップしていた月イチまとめ、再開しま~す!10~12月のもいずれ時間がある時に書きたいという気持ちはある。

 

Maari 2

2018年/タミル語

f:id:komeindiafilm:20190131212920j:plain

チェンナイの映画館で観ました。全てのスクリーンにオシャレな名前が付いているという、都会的なシネコンでしたw

2015年のダヌシュの個性的なキャラクターがウケてヒットした『Maari』の続編。チンピラ主人公マーリとその仲間は続投、ほか一部キャストの入れ替わりで、設定は繋がっててストーリーは繋がってない感じでした。

『Maari』を思い出しながら観てると、後半は意外な展開で、主人公の人生におけるターニングポイントな感じがありました。1作目ではターニングポイントって雰囲気のストーリーではなかったので、今回はより彼の人生に焦点が当たっている印象です。予想の斜め上の展開だったり個人的に悲しいフェードアウトがあったりしましたが、全体的に楽しみながら鑑賞できました。

できれば1作目観てからの鑑賞がオススメです。ちなみに字幕なしでしたが何となくストーリーは理解できましたw

 

Viswasam

2019年/タミル語

f:id:komeindiafilm:20190131213938j:plain

上映会で鑑賞。ポンガル公開にふさわしい!ファミリー向け映画。アジットさんが離婚した奥さんと娘と関係修復に奔走するお話です。

クライマックスは泣きどころたくさんで、アジットさんもバリバリ活躍してたから良い映画~なんだけど、アジットさん映画3本目にして未だアジットさんが好きな俳優さんにならず(嫌いでもないけど)、個人的な映画の感想としては、そこそこかなってところで落ち着いてしまいましたw タミル四天王(ヴィジャイ/スーリヤ/ヴィクラム/アジット)の中で唯一まだお気に入りじゃないから早くお気にいりになりたいんだけど、3本観ていまだならずなのでちょっと諦めかけている…。

あ!これは個人的な話なので、この映画がオススメかと聞かれたらオススメって言います!w

いやまぁでもついこの前初めてアジットさん映画のDVD購入したし心の壁は少しずつ無くなってる気が…する…。

 

N.T.R: Kathanayakudu

2019年/テルグ語

f:id:komeindiafilm:20190131220342j:plain

上映会で鑑賞。テルグ映画界の伝説的スター俳優にしてアーンドラ・プラデーシュ州の州首相も務めた、故N・T・ラーマ・ラーオの伝記映画。

これは20代で俳優を目指し始めた時から政界に入る宣言をした頃までを描いた、一代記の前篇となる作品で、後半は翌2月に公開予定。

この映画が面白いかどうかは、NTRのことをどれだけ知っているか・興味があるかに関係するかと思うんだけど、個人的にはあまり興味がなく(NTR一家の俳優にあまり興味がないw)、観たことあるのは『Mayabazar』くらい…っていう、じゃあなんでこの映画観に行こうと思ったんやって聞かれると困るレベルw なので『N.T.R: Kathanayakudu』が面白かったかどうかっていうと、普通かな~ってところでした。結構冷静に観たので、この映画がNTRの一族がわんさか出演している背景とか彼が劇中で導師から特別な扱いをされるシーンが出てくるとか、何かイメージ戦略的なものを感じてしまいましたよ…。

でも映画俳優の話なので、劇中劇というか撮影シーンで色んなセットとか衣装とかダンスとか出てくるのは楽しかった!そういうのは大好き!実際彼の出演した映画には興味が沸いたな~!!

後篇はきっと政治的な話になるから、更に楽しみポイントが厳しくなってしまうのではないかと一抹の不安を抱えておりますw うんまぁでも一応観に行きたい。

 

Vinaya Vidheya Rama

2019年/テルグ映画

f:id:komeindiafilm:20190131222231j:plain

上映会で鑑賞。親なしっ子寄せ集め兄弟の五男、ラーム・チャランが一家を守る男として闘うお話。

期待値は低めっつーか、目当てが兄弟の長男役プラシャーントくんのみっていう感じで挑んだわけですが…これがめっちゃ面白かった!!テルグアクションはこうだよね!!こうでなきゃね!って感じの!アクションは笑わせにきてないと思うんだけどあまりのインパクトに終始笑いながら観てました~は~~~~~やばかったwwwwほんとテルグ映画のアクションはサービス精神旺盛すぎるでしょ…。あと「ラーム・チャランをイケメンに撮りまっせ~~」な気概を感じるシーンが多かったですw

 

Petta

2019年/タミル語

f:id:komeindiafilm:20190131230706j:plain

上映会が続くね~。怒涛の映画ラッシュだったよ。インドがお祭りだったしねぇ。

っつーわけで『2.0』の公開からあまり間を開けずにラジニカーントの新作。本人の体調もあって?最近は寡作なラジニカーントが珍しいなぁ~。監督は『Pizza』と『Jigarthanda』が私お気に入りのカールティク・スッバラージ。監督にしてはまだ若い?35歳だけど実績ありで、ラジニカーントとこの監督の組み合わせ予想できない感じがいいです。

んで内容。めっちゃよかった!面白かったし、なによりラジニカーントがめっちゃかっこよかった!いぶし銀!渋い!私が今まで観たラジニ映画の中で一番カッコ良く見えた!そしてあまり強い社会的メッセージがなかったから、構えすぎずに観れた!←これわりと高ポイント!タミルのトップ俳優は代弁者というか民衆の代表というか、とにかく強烈なメッセージを抱えたキャラクターを演じるイメージが強くて、それはそれでいいんだけど全部それだったら疲れるっていうのがね、ちょっとね…って思ってたところなので、好みにドンピシャで楽しかったです。

あとね、映画のクライマックスね…やばいね。鳥肌が立ったよ。これ呆気にとられる人もいるかと思うんだけど、これがあるからこその辺の映画と一線を画す感じがしてね(上手く説明できねぇ)。そしてああやっぱり『Pizza』の監督だ!って思いましたw

 

 

前半5本でのこり5本ありますが、ちょっと時間オーバーなので一旦ここまで。(書いたものはすぐアップしたい人間)

続きは土日あたりに書いてアップしますね!

 

※続き書きました