インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

セクシー・ドゥルガ/Sexy Durga

東京国際映画祭インド映画3本めはマラヤーラム映画です

f:id:komeindiafilm:20171105201435j:plain

2017年

出演:ラージャシュリー・デーシュパーンデー
   カンナン・ナーヤル
   スジーシュ・K・S
   ヴィシュヌ・ヴェード

監督:サナル・クマール・シャシダラン

言語:マラヤーラム語+日本語字幕

時間:86分

媒体:スクリーン@TOHOシネマズ六本木SCREEN9(東京国際映画祭)

 

あらすじ

(東京国際映画祭公式サイトより引用)

北インド出身女性のドゥルガと、ムスリム男性のカビールが無人の夜道を歩いている。駅まで車に乗せてもらおうとヒッチハイクをすると、いかがわしい車に乗せられてしまう。一方、近郊の村では女神ドゥルガを称える祭が行われており、身体にフックを突き刺す肉体的苦行を捧げる儀式に見物客が群がっている…。

 

いろいろ

f:id:komeindiafilm:20171105204429j:plain

↑規制かかったため本国では「S Durga」のタイトルになったそうです

 

日本だとまだまだ珍しいモノ扱いのマラヤーラム語映画が東京国際映画祭に登場。あまりそそられるテーマじゃなさそうだったんですが、これを逃すと一生観られないような気がしたので観てきました。

 

監督サナル・クマール・シャシダランはいままでクラウドファンディングで短編3本と長編1本を撮っているそうです(公式サイト情報)。これもインディーズ系なんでしょうかね?

 

いままで観てきたインドの社会派・アート系作品のイメージそのままの映画でした。

はっきりとしたテーマがあるんだけど、つかみどころのない感じ。まぁ私の苦手とするところwww

正直、事前にこの批評みたいな解説を読んでなければもっと悪い感想で終わってしまうところだったかも。

インド社会において、女性は女神にも搾取の対象にもなりうるという、その二面性を描く作品である。しかし、本作の見どころはシャシダラン監督の特異な作家性だろう。男女が車に乗った瞬間から不条理な悪夢のループが始まり、とても目的地には辿りつきそうにない。そして平行して描かれる祭の様子は、優れたドキュメンタリー作品のような趣きである。ラストに流れるヘビメタのBGMも印象に残る。ロッテルダム国際映画祭タイガー・アワード(最高賞)受賞作。

「~その二面性を描く作品である」ってところは、監督の意図するところなのかはちょっと私だと分からないんですけど(インタビュー見たわけじゃないし)。もしかしたら国語の授業「ここの箇所の作者の気持ちを答えなさい」系かもしれない……なわけないかw 私ここは「二面性を~」って言われなきゃ気付かなかったかもしれないw

そうそう、お祭りのシーンがすごかったです。凄かったってのは、インドのお祭り見慣れた人ならそこまで感じないかもしれないレベルでって意味で。っていうのは私なんだかんだいってリアルなお祭り映像でも生でもほとんど見た事なくて…。トランス状態に入った男性とそれをがっしりを押さえてる男性とか、上記のとおりのフックで吊られた男性とか(見てるの痛い)、

この映画に出てくるお祭りは、台詞とか物語とかを混ぜずほんとただずっとお祭りのシーンを映してました。ほんと言われる通りドキュメンタリーみたいでした。映画のためにお祭りしたのか、どこかでお祭りやってたのを撮りに行ったのか、映像では判断つかなかったです。

f:id:komeindiafilm:20171105205649j:plain

見ごたえありました。

 

一方でドゥルガとカビールが出てくるのはずっと夜のシーンで、ジットリと怪しい趣き。ドゥルガとカビール、きっと多分絶対駆け落ちなんでしょう、ドゥルガが大きい鞄を持って、カビールが友達のバイクに乗ってきて待ち合わせ、そのまま長距離列車に乗れる駅に向かうんですが…

f:id:komeindiafilm:20171105204453j:plain

通りがかりに載せてもらったバンの運転手たちは、2人にちょっかいを出すし、ずいぶんと詮索してくるし、ドゥルガのことをじろじろと見てくるしですぐに不安を感じるドゥルガとカビール。途中で降りようとしてもなかなか降ろしてくれないのでちょっとの隙をついてバンから逃げる2人だけど…。

淡々としつつも危機が背後にぴったり付いてくるこの感じ…心臓に悪い…好きではない…。好きではないんですが、大きな事件は起きないのにずっとハラハラしっぱなしで、そういうの好きな人にはうってつけかも?感情を揺さぶられたのは認める!

この感じ、カナザワ映画祭2015のテーマだった田舎ホラーものだ!と途中で思ったのでした。(カナザワ映画祭2015って『NH10』が上映された映画祭です)

 

私、マラヤーラム映画だと威勢よくマラヤーラム語を捲し立ててるシーンが好きなんですけど(酔っ払いが怒鳴り散らす感じがw)、この映画は淡々としてたから?あんまりなかったですw警官が交通違反者に脅し気味に話してた時くらい?

86分なので普段見るインド映画からしたら超短かったです。が、しかし!途中ドゥルガが「トイレ行きたい」と言い出したタイミングで私もつられてトイレ行きたくなってその後がすごい長く感じましたw 86分だから油断してたw 86分でも長いと感じてしまうとは…orz

 

 

 

ヨーロッパの映画祭でアート好きにウケそうなのは何となくわかる、というかそれ系によくありそうな映画祭向けな映画でした。多分好みはハッキリ分かれると思います。私はマラヤーラムの明るい映画でお口直ししたい…

 

リンク

東京国際映画祭作品ページ

これってずっとページ残るのかな?

 

プロモーションビデオとかは見つからず。

 

 

 

 

Anjaan

f:id:komeindiafilm:20171031224448j:plain

2014年公開

出演:スーリヤ

   サマンタ

   ヴィディユト・ジャームワール

監督:N.リングサーミ

言語:タミル語&ヒンディー語+英語字幕

時間:166分

媒体:DVD

 

あらすじ

タミル・ナードゥからムンバイにやってきたクリシュナ(スーリヤ)は、自身の兄弟であるラージュー(スーリヤ二役)の消息を探していた。クリシュナは、ラージューを慕うカリーム・バーイに驚くべき過去を知らされる。

ラージューは相棒のチャンドルー(ヴィディユット・ジャームワール)と共にムンバイの街アンデリーを牛耳るギャングで、周囲から慕われていた人物だった。ある時、街に新しい警察局長が赴任し、ラージュー達ギャングを掃討計画を立てた。代わりにラージューは警察署長の娘ジーヴァ(サマンタ)を誘拐し、仲間を釈放することに成功する。一方でジーヴァはその時望まない結婚に向かう途中であったため、ラージューを誘拐犯としてではなく窮地から救ってくれた人として彼のことに好意を持ち始めた。ほどなくして、2人はお互いに想い合うようになる。

チャンドルーと数人の仲間は、ラージューとジーヴァに7日間のバケーションをプレゼントする。しかし、チャンドルーに仕事を任せて2人の時間を過ごしていた間に、チャンドルーが何者かに狙われ、またラージューも銃弾を2発浴び、川に突き落とされてしまう。その後のラージューを知るものは誰もいなかった…。

ラージューの兄弟が現れた事を聞きつけたとある男が、クリシュナを探しにやってきた。その男は「俺がラージューを殺した」と言い放ち、クリシュナの事も始末しようとするが…

 

いろいろ

もう数年前に観た映画なんですが、お気に入りのタミル映画として記録を残しておこうと思って書く次第です。

これ、初めて観たスーリヤさんの映画です。このラージューのビジュアルがイケメンだな~と思って。そうです、見た目から興味持ちましたw

その頃まだタミル映画俳優といえばシッダールタ君くらいしか興味をもってなくて(今はいっぱいいますが!)、ちょうど他の人にも手を広げたいな~誰がいいのかな~って思ってたところでした。

f:id:komeindiafilm:20171105160028j:plain

サングラスと立った髪、あとカジュアルな格好でちょいチャラめなギャング。でもカッコイイのよ~。そのあといくつかスーリヤさん映画観ましたけど、結構野暮ったい格好が多くて、このラージューが一番カッコイイ♡またこんな格好やってほしいな…。

f:id:komeindiafilm:20171105162011j:plain

彼のお口のお供はタバコじゃなくて爪楊枝!なのはいいんだけど、果たして爪楊枝はかっこいいのか分からないw

 

あとクリシュナの方はマジメそうで、ギャップが楽しい♡♡ ちょっとマイペースなキャラです。タクシー運転手が振り回されてました。

f:id:komeindiafilm:20171105160746j:plain

スーリヤさんの沼にどっっっっぷりとハマるのはこの後『24』の時だったので『Anjaan』ではないんですが、これもスーリヤ作品の中でトップに入るくらい好きです。

 

全編ムンバイが舞台です。メインの台詞はタミル語ですが、簡単な掛け声とかタミル出身じゃないっぽいキャラとの会話とかはヒンディー語がバリバリ出てきました。ヒンディー語嫌いなタミル語圏でこれは珍しいなぁ~と。それと、悪役にマノージ・バージパイ(『Tevar』/『アリーガルの夜明け』/『血の抗争』etc)、ヴィディユト君(『Commando』シリーズ/『Force』/『スタンリーのお弁当箱』etc)がメインキャラなど、小さい役でアシフ・バスラAsif Basraもだな!ボリウッドで観た事ある俳優さんも出演してました。タミル映画にボリウッド要素が1/4くらい加わって、ボリウッド育ちファンの私からしたらとっつきやすかったです。

 

撮影はサントーシュ・シヴァン。だからかわからないけど、詩的な映像が挟まってて興味深かったです。

 

まぁちょっと残念なところもあるんですよ。ラージューとチャンドルーの美味しいバディものにもできた題材だけど、その辺の掘り下げがないから物足りないというか何と言うか。2人の友情はシーンのつながりで十分分かるんですけど、終わった後もっとこの2人が一緒にバリバリ活躍するところ観たかったな~っていうのが残ります。前日譚とかスピンオフとかやってほしいレベル!

f:id:komeindiafilm:20171105173108j:plain

こういうので真ん中が大活躍するのも、観たいじゃん…?

f:id:komeindiafilm:20171105173111j:plain

せっかく相棒がヴィディユト君だしさ~スーリヤさんと一緒に絵になるやん~

 

スーリヤ出ずっぱりなので、スーリヤさん目当てならたくさん味わえる作品です。あとボリの方が見慣れてる方にも比較的とっつきやすいタミル映画なので入り口にもいいかも(どっぷり濃いめのタミル映画もオススメだけどw)。悪カッコいいキャラクターが好きな人にもオススメ、ばばーんと音楽かかりながらラージューが見せ場に登場してくれます。あとインターミッション直前、この兄弟の秘密が明かされた時の演出と「やっぱりー!!」っていう感覚は気持ちいいですw  

 

リンク

このダンスが一番好きだなー「Bang Bang Bang」

 

ラージュー兄貴が恋に落ちちゃう「Kadhal Aasai」

 

随所にアラブ風な要素が入っているのも私の好み♡「Sirippu En」

 

DVD・ブルーレイともに手に入れるの大変なので、手っ取り早く観たい方はこちら

タミル語版本編

UIE Moviesのチャンネルにもあるわね!

ヒンディー語版本編

タミル語版DVDを見た後、Youtubeに入ってるヒンディー語版を観たら、序盤から観た事ないシーン入ってるし、逆にタミル版最初のシーンが真ん中に行っちゃってるしで超びっくりしました。テルグコメディアンのブラフマーナンダムさんのシーンが入ってたので、こちらはテルグ語版のようです。

ブラフマーナンダムさん↓

f:id:komeindiafilm:20171105165111p:plain

…て言うかテルグ語版ならラージューとチャンドルーの友情シーンも入ってるんじゃん!美味しいじゃん!やば!!何でタミル語版に入れてくれなかったの!

f:id:komeindiafilm:20171105180347j:plain