インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Avane Srimannarayana(その男シュリーマンナーラーヤナ)

f:id:komeindiafilm:20200126220815j:plain

2019年公開

出演:ラクシト・シェッティ

   シャーンヴィー・シュリーヴァースタヴァ

   アチュト・クマール

   バーラージ・マノーハル

監督:サチン・ラヴィ

言語:カンナダ語+英語字幕

時間:154分(もしくは初週版186分かどちらか)

媒体:スクリーン(さいたまSkip City)

※邦題は原題の意味を汲み取って勝手につけました

 

あらすじ

15年前、カルナータカ州アマラーヴァティの街では、劇団員が盗品の宝を持っているとしてその街のダコイトが彼らを襲った。しかし劇団員が乗っていたトラックは全くの空で、すでに劇団員を殺した後だったため、宝の行方は分からなくなっていた。

ダコイトの長は死の間際、その宝を探し当てたものが次の長になると告げてこの世を去る。長の息子は腹違いのジャヤラーマ(バーラージ・マノーハル)とトゥカラーマ(プラモード・シェッティ)。2人は仲たがいしたままそれぞれ仲間を率いて宝の行方を追っていた。

そんな街には、ヴィシュヌ神の名を持つナーラーヤナ(ラクシト・シェッティ)という警察官が赴任していた。彼もまた財宝を追い求め、ダコイト達と衝突していたが…。

 

いろいろ

f:id:komeindiafilm:20200126222115j:plain

現地では昨年末に公開されたやつです。

カンナダの団体さんで上映会があったのでお邪魔させてもらいました。

 

いかにもコワモテなダコイトやら人を食ったような警察官やらナショナルトレジャーみのある謎解きやらワイワイしてて楽しかった~…が!!いかんせん字幕がクソ多い&難しくてわからぬ!!!!字幕を読む私自身のコンディションがさほど良くなかったのと、慣れない英単語が多かったのとで、全く字幕に追いつけず。字幕なしで観ているのとさほど変わらない理解度でした…なんちゅう…理解度的には不完全燃焼…完敗です…。

でもブログ書いとこ!ってなるくらいにはよかったです。わからないけど良かった。なんだそれは。そんなわけで、この先の文章は超絶薄っぺらく、どんな話かについてほぼ語っていないのでご了承ください。そもそもこのレベルの理解度で感想なぞ書いてよいものか若干迷ったけど、書いておかないと理解できてないところからどんどん記憶をなくしていくので記録代わりに書いておく。

 

人気だから観る機会がちょいちょいあるラクシト君が主人公の警察官。ラクシト君映画観たのは3本目でした。

頭の回転が速いのか、口から出まかせとか人を手玉に取るのが巧かったりとか、インド映画での定番ヒーロー。表情がくるくる変わって楽しかったのでこのキャラクター結構好きです。

f:id:komeindiafilm:20200126220822j:plain

 

一方で協力してんのか敵対してんのか主人公が綱渡りな感じに危うい関係だったダコイト達はまーーーーコワモテ揃い!隻眼キャラもいてマンガみたいなビジュアルよ!泣く子も黙る!大人でもチビりそうやで。

f:id:komeindiafilm:20200126220827j:plain

 

カンナダ映画は数えるほどしか観れてないんですが、そのなかで顔を覚えていたアチュト・クマールおじさんもご出演。主人公の部下の警官で、相棒未満金魚のフン以上みたいな。小物そうなんだけど、無謀な言動を繰り返す主人公の横でわりと堂々としてたから案外大したタマ持ってますぜこのオジサンよ…。

 

振り返ってみると、色んな要素が入った=マサラ映画って感じでした。ベースはコメディですかね(そうなんですコメディなんです)。"愛"的なものが薄い以外はほんと色々詰め込まれてたなぁ。西部劇に始まり、アクション、宝さがし、インド神話などなど…すべてを理解するには私には力が足りなかった(特に神話)けど、楽しい事やってんな~って感じはわかりました。日本語字幕あったらきっとちゃんと楽しめたんだろうなって思います。

そうそう、アクションがかっこよかったです。ポーズきめつつ敵を倒すのがシビれましたwテンション上がったなぁ。もう一回観たい。

 

リンク

予告は本編の雰囲気そのまま

 

「Hands UP」

これはマネしたくなるダンス

 

「Narayana Narayana」

一番画面が華やかだったシーンかな

 

もう一曲くらいあった気がするけど見つけられない(記憶の捏造かも)ので代わりにメイキング動画を

 

 

 

 

通販してます&お知らせ

↑でお知らせした本、通販やってます 

 

だいぶ落ち着いたのでBooth倉庫から引きあげて、自宅から匿名発送ってやつに切り替えました(購入者さんの個人情報は私の方に流れてこないのでご安心をw)

同時に1冊目の通販再開してたんですが、こちらは有難いことに通販分完売しました。ありがとうございます。

 

1冊目まだ若干数(ほんと若干)残してあって、これはゴールデンウィーク開催の文学フリマで頒布しようと計画しています。

詳細はこちら

5/6開催です。

今まで出ていたムパラはそれはそれで居心地のいいイベントだったんだけど、結構閉鎖的(扱うものがセンシティブなので)で、私の本は同じ同人誌といえどわりかしオープンにできる内容の本なので、もうちょっと開けたイベントに出てもいいかなと思って、初めて文学フリマに申し込んでみました。あと11月に試しに行ってみたら小説以外にもサブカルチャーものが思った以上にあって、私が出ても大丈夫そうだな~って感じだったので。ただ今度のはオープンすぎて映画&インド映画に興味ない人の方が多そうだが、「インド映画?踊るだけでしょ~?」って人が寄ってこないだろうかw elzaは野生なので喧嘩してしまう自信ある

入場無料でいろんな人が来場するイベントなので、ぜひお気軽にいらしてください。私以外のブースも超個性的なのできっと楽しいですよ。

 

 

既刊だけだと勿体ないので、新刊も作る予定です。

とはいえ前2冊で頑張ってしまったので、今回は気軽にコピー本にします。気楽に行こう。2019年に観た映画のベスト本・まとめな感じにしたいと思います。ベストの中にはすでに既刊に入れているものがあるので、上位20くらいから適当に10本くらいにしようかと。これ書いてる時点ではまだ作成始まってないですが。おまけページのリクエストを貰ったので、お楽しみに~。

それと余裕があれば、インド映画のスーパーヒーロもの研究本もコピー本で作ろうかなって思ってます。が、こちらは前者が完成してまだ余裕があればって感じのスケジュール感です。それとページの構想はあるんですが、私の技量が追い付くのかわからないので、思った通りのにならなかったら断念する可能性もアリ(笑)。出たらいいねくらいのテンションでお願いします(笑)。

すべてが順調にいけば既刊2冊と新刊2冊で計4種類の本が並ぶ。

さらに(まだあんのかい)、初めてのイベント参加で出した無料ペーパーのブラッシュアップ版作りたいなーって考えてます。前回のイベントでは出さなかった(出さなかったのか出せなかったのか覚えてない)ので久々に。デジタルで作りたいと思ったけど、家にある5年前の化石タブレットではちょっと無理そうなので手書きになると思います。タブレット…10年くらいは問題なく使えてほしいぜ…iPadが欲しい。

 

ちなみに以前配布したペーパーはこれです。

f:id:komeindiafilm:20200125214158j:plain

f:id:komeindiafilm:20200125214205j:plain

f:id:komeindiafilm:20200125214212j:plain

f:id:komeindiafilm:20200125214219j:plain

↑スキャナーめんどくさくてタブレットから画像スキャンしたやつです。一部不鮮明なのはすみません。



イベントに参加すると(サークル参加でも一般参加でも)またイベントに参加したくなっちゃうので、こんな感じでちまちま本作りながらどこかのイベントに出れるといいなーと。

あと3年したらこのブログ10周年なので、その辺で総集編みたいな本も出せるといいなーと。まぁそんなことをふんわり考えています。

 

5/6のイベントについてはまだ詳細情報そろったらお知らせします。よろしくお願いします。