インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Singh is Kinng

f:id:komeindiafilm:20160315201447j:plain

2008年公開

出演:アクシャイ・クマール(ハッピー・シン)

   カトリーナ・カイフ(ソニア)

   オーム・プリー(ランギーラ)

   ソーヌー・スード(ラッキー・シン)

   ランヴィール・ショーレー(プニート)

   キロン・ケール

   ネーハー・ドゥーピアー(ジュリー)

言語:ヒンディー語+日本語字幕(DVDには日本語字幕入っていません)

時間:136分

 

シク教ターバンぐるぐるが超お似合いなアクシャイのおバカコメディ。出演者ほぼ全員がシク教徒役なので、ターバン好きにはホクホクの作品です。

あとカトちゃんとゴールデンコンビね。

 

あらすじ

ハッピー(アクシャイ・クマール)はパンジャーブ地方のとある村に住む陽気で優しい若者。しかし困ったことに、彼は村一番のトラブルメーカーでもあった。村人たちは、彼はいつも悪意のないトラブルを引き起こすことに頭を抱えていた。村から出て行って欲しいと願う程。

そんな折、村の老人が病院に運ばれる。この老人は、村から出稼ぎに行ってオーストラリアでマフィアになっているラッキー(ソーヌー・スード)の父親であった。病院に運ばれたのは喘息の発作であったため大したことはなかったが、村人たちはここで一計を案じる。心臓発作で危篤状態と嘘をつき、息子ラッキーを村に呼び戻す役をハッピーに頼み、その機会にハッピーを村から離れさせるということだった。

そんな計画に気付かないハッピーは、使命感と共にオーストラリアへと向かう。しかし、空港で他人とぶつかった拍子に、航空券が入れ替わってしまい…

 

いろいろ

力を抜いてキャッキャしながら観るにはもってこい!

かな~りおバカな人達がたくさん出てくるお話でしたw

 

ハッピーは鶏一羽追いかけるだけで村中の物壊しちゃうし

ラッキーはそんなハッピーのせいで植物人間みたいになっちゃうし

ラッキーの部下たちはそんな事全然気づかずにハッピーをポスト・ラッキーとしてボスに任命しちゃうし…

アカンやろ!!!

んまそんなおバカ連発な中で一番好きなシーンは、車いすに乗ったまま動けないラッキーがお酒運びに使われちゃうところ、ですかね。

f:id:komeindiafilm:20160315201457j:plain

めっちゃ可哀想なのに笑ってしまうww

今回(Singh is Kinng鑑賞は2回目)は、このラッキー役ソヌさん目当てで観たんですが、相変わらずの超残念なキャラっぷり。残念過ぎて逆にオイシイあたりがもう最高!

アクシャイのターバン姿がカッコイイことは有名ですが、ソヌさんもかなり似合ってる。Wikipediaによるとソヌさんのルーツはパンジャブ系らしいです。なるほど。

 

ロケはハッピーが間違えて行っちゃうエジプトと、ラッキーが居るオーストラリアがメイン。

f:id:komeindiafilm:20160315201505j:plain

有名な遺跡で踊っちゃうので楽しいです~曲もノリノリでヒットしたものばかり♪

ハッピーがラッキーの代わりにマフィアのボスになった時の曲「Bas Ek Kinng」、アクシャイがカッコいい~!

f:id:komeindiafilm:20160315201509j:plain

一緒に拳上げて踊りたくなっちゃうね~!

 

コメディだからか脇役もかなりの割合でスポット当たるので、なるべくなら脇役も顔知ってる方がより楽しめると思います。といっても日本で公開された映画に1度は出たことある人も多いので、その辺のハードルは低めです。

ちなみに、ソーヌー・スード(今度公開の『ダバング大胆不敵』にて悪役)、キロン・ケール(『恋する輪廻』のお母ちゃん)、ジャーヴェード・ジャーファリー(『きっと、うまくいく』の第二のランチョーの人)、ランヴィール・ショーレー(『チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ』の怪しい導師)、オーム・プリー(『Don』『Don2』のマリク警部)あたり。

私は、数年前(主役級ですら数人しか知らなかった)に初めて見た時と、今回(やっと脇役もちらほら覚えてきた)観た時だと、今回の方が楽しめました。

 

リンク

 

「Bas Ek Kinng」

 

「Jee Karda」カトちゃんのピンクのお衣装が不思議

 

「Teri Ore」