インド映画でちょっと休憩

インドに愛を込めて

Bangistan(バンギスタン)

f:id:komeindiafilm:20200318223618j:plain

2015年公開

出演:リテーシュ・デーシュムク

   プルキト・サームラート

   ジャクリーン・フェルナンデス

   クムド・ミシュラー

監督:カラン・アンシュマン

言語:ヒンディー語+英語字幕

時間:135分

媒体:DVD

 

あらすじ

とある海に浮かぶ島には、イスラム教の国北バンギスタンとヒンドゥー教の国南バンギスタンが存在した。隣接した2つの国はお互いに憎み合っていた。

それぞれの地では、敵対する宗教のイメージを貶めるため、相手側の信仰者になりすまして自爆テロを行うという計画が立てられる。北バンギスタンでは英語が話せるハフィーズ・ビン・アリー(リテーシュ・デーシュムク)がヒンドゥー教徒イシュワルチャンド・シャルマーとして、南バンギスタンでは劇俳優のプラヴィーン・チャトルヴェディ(プルキト・サームラート)がイスラム教徒アッラー・ラカ・カーンとなる。徹底的に"向こう側"の宗教を学び、習俗を身に付けたこの若い2人は、世界宗教会議でのテロを狙って開催国であるポーランドに降り立つが…

 

いろいろ

ちょっと後回ししてたら公開されてから5年も経っちゃいました、ほんとはもうちょっと早く観るつもりだった~

f:id:komeindiafilm:20200318233920j:plain

"つっこんだら負け"なめちゃめちゃザルい設定とユルいぬるま湯コメディ。

同じような対テロものを土台とする『India's Most Wanted』と同じ国が作った映画なのか…と思えてしまうくらいテイストが違う~!

 

バンギスタンは架空の国だけど、説明しなくてもみんな連想するイ○ドとパキ○タン的なやつ。

宗教指導者的なトップの人は密かにスカイプする仲だけど民レベルでは軋轢しまくりでトップの悩みの種という設定。テロを仕掛けようとする民レベルの宗教組織はまぁどちらもトップとの関係が薄そうな感じ。ちなみにこの組織を率いるリーダーを両方クムド・ミシュラーが二役で演じると言うオモシロなキャスティングでした。オモシロなんだけど、敢えてリーダーを同一人物がやることによって役者イメージや演技での偏りが起こらず、2つの宗教組織をフラットに並べられるという利点がありました。もしかしたらそれを見越してたかもしれないししてないかもしれない。

f:id:komeindiafilm:20200319000223j:plain

しょうみな話、コメディに振り切ってるのでリアリティー派の人は憤慨しそうなくらい都合のいい処理が多いんですよ。世界の注目が集まる会議のセキュリティがザルすぎるとか、ポーランドの農場の地下に爆弾取引所を持つロシア人とか。これはもうクオリティの粗ではなくコメディであるが故の造りだと思うので好みかそうでないかで処理するとして(私はコメディである限りは大好き)、それ以外の部分はけっこう深いと思いました。空港でムスリム(実はヒンドゥー教徒)が荷物チェックされてるの見て怒るヒンドゥー教徒(実はムスリム)とか、なりすますためにたくさん勉強してきた2人だから、バガヴァッド・ギーターを説く偽ヒンドゥー教徒にジハードを解説する偽ムスリム、それぞれ熱弁してしまって勝手に気まずい感じになってたりとか(お互い正体は知らない)、反転的な掛け合いの面白さよ。いがみ合うのは、お互いを知らないからなのでは。

紐解くとさらに闇が深い部分が見え隠れしてて。組織のリーダーは指示するだけで、テロを実行するのはこの先可能性を持つ若い青年という図式が辛い。犠牲になるのは若い人。盲目的な彼らは駒でしかなく、切り捨てだってあり得る。彼らに歪んだ敵対心を植え付けたのは、リーダーなんじゃないか。お互いの正体を知らなかったら肩並べて歩けてたじゃん。なんだかもうさすがテロも宗教も身の危険が近い国は違うな…って思いました(日本もテロが無いとは言わないけど…っ)

f:id:komeindiafilm:20200318235244j:plain

↑プルキトが連れてるのは羊です

 

最初の方から友好路線のテーマがちらつくのでストーリーはある程度安心して観られるものです。しかしクライマックスは不覚にも泣かされた~!彼らが気付いてしまった本当のこととか、置かれている立場とか、テロリストのイメージが付いてしまったイスラム教徒のことだけじゃなくてここに至るまでに2人は2人なりに辛いこととかあったんだろうなっていうのも重なって、こみ上げてくるものがありました。この映画、もうちょっと評価されてもいいと思う。

 

リンク

キャッチーな曲多いよ

 

「Saturday Night」ジャクリーン・フェルナンデスは特別出演以上ヒロイン未満

 

「Ishq Karenge」これはプロモ用

 

「Hogi Kranti」なりすます準備してるとこ

 

 

 

 

India's Most Wanted(インド最重要指名手配)

f:id:komeindiafilm:20200317220620j:plain

2019年公開

出演:アルジュン・カプール

   ラジェーシュ・シャルマー

   スデーヴ・ナーイル

監督:ラージ・クマール・グプタ

言語:ヒンディー語+英語字幕

時間:117分

媒体:DVD

※邦題は原題の意味を汲み取って勝手につけました

 

あらすじ

プネーでのテロをはじめインド国内で数々の無差別テロを仕掛けたことによってインドで最重要指名手配犯となっている"ゴースト"。インドのどの諜報部においても彼の正体を掴めていないことからそう呼ばれていた。

とある筋からその人物の情報の一端を掴んだプラバート(アルジュン・カプール)は、ゴーストの逮捕に向けて行動しようとする。しかし、不確かな情報でもあるため上層部の許可が下りなかった。それでも国の為この機会を逃したくないとしたプラバートは、渋々秘密裏に許可を出した上司(ラジェーシュ・シャルマー)からもらった僅かな資金とチームだけで動き出す。上司から彼らチームに与えられた猶予はたった4日間だけだった。

彼らはカトマンズに拠点を置き、情報提供者と接触をする。しかし、諜報員のインド国外での活動を嗅ぎつけたパキスタンやネパールの組織がこのことに黙ってるはずもなく……。

 

いろいろ

対テロもの。余計なものを削ぎ落とした緊迫の2時間。

監督は『Raid(強制捜査 ~インド国税局より~)』と同じラージ・クマール・グプタ。と知ると、『India's Most Wanted』はなるほど確かに『Raid』と同じように一点集中型、諜報活動一本でサイドストーリーには重きを置いていない感じでした。ストイックな雰囲気です。

 

主人公が所属する組織は内務省を親とするIB(Intelligence Bureau/情報局)。
RAW、Special cell、State ATS(Anti-Terrorism Squad)とも違うところ。正直どれがどう違うのか、調査対象が管轄ごとに違うのか、わからないですw

IBは他の映画だと『女神は二度微笑む』にも出てきます。

 

実話がモデルだそうです。インディアン・ムジャーヒディーンのリーダーで"インドのオサマ・ビン・ラディン"ことヤーシン・バートカールが犯人のモデル。一応架空のキャラクターとして名前を変えて"ユスフ"となっていました。

あ、逮捕時のニュースあった

この逮捕までで特筆すべきことは、捜査員に充分なサポートがなく、武器もなかったこと。実際の捜査はどうだったか確認しきれてないですが、映画内ではそういう設定のもと、つまりは"インドを思う気持ち"が逮捕までこぎつけられた原動力だった、といった内容です。

愛国心が嫌いって程じゃないけどインド人でもないし自国愛が希薄な私、インド愛国ものって一大ジャンルだわ~って思いながら観てました。(日本の愛国心が盲目的に自国を持ちあげるところが目立つのと比べて、インドの愛国心は愛ある故にもっと良くしていこうっていう行動の元になってるのは好きです)

 

しっかり作ってあるのは伝わりました。

インド諜報部員もの、けっこうジャンルとしてしっかりしてきたので、今後は一歩抜きん出るには強い個性やテーマが必要になってくると思います。その点でこの映画は

・サポートなし武器なしの活動

・他国の干渉

あたりがミソだったと思いますが、うーん、突出するにはちょっと弱かったかな…。

割と最近の出来事な実話がある以上制約もあったかもしれない。

 

 

パキスタン諜報部員役の彼がイケメンだった~!

ただ役名も出てきた感じしないし、役者さんの名前も分からず…諜報部エルザは調査断念しました。またどっかの映画に出てくれや。次は探し当ててやる~~!

f:id:komeindiafilm:20200317230620j:plain

 

リンク

 

音楽はアミト・トリヴェーディー。

「Vande Mataram」

 

「Matvaare」冒頭シーン

 

「Dilbar Jani」

これはネパールでのシーン

ステージの人はネパールっぽい顔